活法

治療家に武術は必要か?


私が現在学び、臨床で使っている活法・整動鍼は武術が元になっています。
武術の原理や思想に基づき、相手を倒す表の技を殺法、相手を治療する裏の技を活法と呼び、表裏一体の技術として戦国時代から伝えられています。

ですが現代にあっては殺法いわゆる一般的な武術の稽古をしている人が治療を学んでいるケースは少ないですし、武術を学ぶ治療家も多くはありません。
一部の鍼灸師やマッサージ師、柔整師などで治療に「気」を利用する人が気功や太極拳などを学んでいる話は時々聞きますが、それほど多くはありません。
だからと言って治療ができないというわけでもなさそうです。

そもそも治療家に武術(殺法)は必要なのでしょうか?



◯まずは結論から

結論を先に言います。

治療家にとって武術は「学んでおくと絶対的に有利だが、必ずしも必要ではない」です。


どんなものであっても専一にずっと研鑽していけばいずれはその道の達人となる可能性があります。無論条件付きではありますが。
治療も例外ではありません。ただしそれには膨大な年月がかかりますし、誰もがなれる訳ではありません。
武術を学ぶとその道を少し早く進むことができます。



◯治療家が武術に求めるもの

治療家が何を求めて武術を学ぶかというと
「治療に必要な体の使い方を学びたい」
という一言に尽きるのではないかと思います。

「治療に必要な体の使い方」とは何かと言われれば、対立を起こさない相手への触れ方、姿勢の作り方、体幹から力を伝える手足の使い方、間合感覚、意識の使い方、といったところでしょうか。他にも色々あるのですが、言語化しきれない要素も沢山あります。


要素として分かっていれば武術を学ばなくても個別に訓練すればいいだけなのですが、治療技術と体の使い方をセットで教えてくれる場所がないから治療技術の向上のために武術を学ぶ治療家がいるのだと思います。

なぜ教えてくれる場所がないのか?それには理由があると思います。

活法は様々な治療法の源流であると考えられています。
活法の歴史的な位置づけやその性質にヒントがあります。



◯殺法が先か活法が先か?

現代では殺法と活法の両方を教授する武術の流派はそれほど多くありません。
数少ないそれらの流派では基本的には殺法を稽古し、技の身についた者が活法を学ぶケースが多いようです。
学ぶといっても形を教えられるだけで、その技を成立させる要素は殺法で学んでいるから、余計なことは言わなくていいようなのです。

殺法が表、活法が裏とされていることからも分かるように、武術にとってのメインは殺法であり、活法はあくまでも参考技法的な位置づけです。
武術は戦闘技術であり、武士にとっては職業技能です。戦場で敵を倒すと手柄になりますが、治療が上手くても手柄にはなりません。必然的に殺法の技術が磨かれていったはずです。
そして、殺法のこの技をこのようにすると治療もできる、ということが次第に分かってきて今に至るのだろうと思われます。

つまり学ぶ主体である武術(殺法)を修め、体の使い方の出来ている者が活法を学んでいたため、治療(活法)を単独で学ぶものなどいなかったと考えられます。

活法の前提には必ず殺法があります。それを抜きに活法を学ぶこと自体がかなり難易度が高いと言えるのです。

そう考えると武術を学んでいる方が学んでいないよりも絶対的に有利であることが分かると思います。


このように書くと活法に武術は必須のように聞こえます。
ここで言いたいのは「武術を学ぶと治療には絶対的に有利であるということ」ですが私の結論は「必ずしも必要ではない」です。


次回はその理由について述べたいと思います。

私が活法セミナーに通い詰める2つの理由〜活法基礎セミナー下肢編レポート〜

9/3,4と活法基礎セミナー下肢編に復習で参加してきました。


活法セミナーは入門、基礎、応用の3段階あり、各段階に3種類のセミナーが設置されています。

入門編は使用頻度の特に高い技、基礎編はピンポイントの症状に対応する技、応用編は使用頻度は高くはないものの知っておくと便利な技、という構成。


今回参加した下肢編は膝の治療に特化したセミナーです。

膝の動きに関わる周辺の筋肉、ハムストリングス、内転筋の調整をはじめ、側副靭帯、足底、半月板の調整、膝の水を抜く技、オスグッド病や変形性膝関節症の進行を止めるとされる技など、20手近くを学びます。

治療家が遭遇する症状と言えば、腰、肩、膝がトップ3で、そういう意味では比較的使用頻度が高い技の数々と言えます。

私は2016年の3月に修了したので約1年半ぶりの下肢編セミナーです。



懇親会の時に「おとなまき」をしてもらいました。





ここ最近、活法の技がセミナーの度に体に馴染んできていると感じています。

活法セミナーをコンプリートしたためか、合気道と活法の共通性が見えてきたせいか、合気道が上達したせいかは分かりません。

もしかしたら自分の勘違いかもしれません。

ですがセミナーに初めて参加した時には教わるのが精一杯だったのが、復習で参加した時は教わる以外の自分の気づきが多くなっているのは確かです。




◯キッカケは・・・

思い返してみると私が活法セミナーに参加したきっかけは2年前の「秘伝」というかなりマニアックな武術雑誌の記事。

様々な流派の活法が特集されていた中に碓井流活法がありました。


記事を読んですぐに「体験会に参加してみたい!」と思ったのを覚えています。

今にして思うと、原理や技の説明だけではなく、活法の思想、そして碓井先生の言葉の端々に、一般的なセミナービジネスとは一線を画する「本物の匂い」を感じたのだと思います。

その「匂い」の正体はおそらく合気道との類似性で、私が長く合気道をやっているからそう感じただけで、一般の方はもしかしたら「胡散臭い」と感じるのかもしれません。



実際に技を体験して、直感は確信に変わりました。

その全貌を学びたいと思い、参加可能なセミナーには全て参加し、運にも恵まれて丸2年で設定された9つのセミナーのコンプリートできました。

活法から生まれた鍼灸技術「整動鍼」のセミナーや復習で参加した回数を含めると、セミナー参加回数は30回近くになります。

もちろん1回10万円前後のセミナー代に加え、地方在住者は交通費や宿泊費の出費がありますし、人によっては仕事を休んで前入りする場合もあります。

決して簡単なことではありません。





◯通い詰める理由はシンプル

それでも短期間の間にこれだけのセミナーを受けたのには理由があります。



その理由の1つは「活法研究会の技術の全貌を知るため」です。


1つ1つのセミナーの内容はもちろんそれ単体でとても強力な力になります。

しかし、技の原理や可能性をきちんと知るためには様々な技を学ぶことで、色々な切り口から活法を学び、その本質を体得する必要があります。

合気道をやっていての経験上、ツギハギのいいとこ取りでは本質には近づけません。

やはり全体を学ぶことが1番近道です。




もう1つの理由は「皆と対等の話をするため」です。


学んだ技術を使って治療をしていると、必ず対応できない問題にぶつかります。

そこで、この場合はどうするのか?と質問すると◯◯編のセミナーに対応できる技がありますよ!と答えが返ってきます。

習っていないのだから、技の名前を言われても分かりません。



これは答える側が意地悪なのではなく、こちらが全貌を学んでいないのだから当たり前のことです。

何とかして聞き出したい気持ちもありましたが、それは時間やお金を費やして学んでいる仲間や技術を提供してくれている講師の先生方に失礼だと思いました。

レストランに行って自分が食べたいものを何とかしてタダで食べようとはしないのと同じことです。

であれば自分が答えてもらえるようにレベルアップしていくしかありません。

技術が本物であるという確証は既にあるのですから、あとは自分がやるだけです。

技術が本物であるからこそ、ズルをせずに皆と対等の位置まで行きたいと思ったのもあります。

全てはセミナーとして公開されているのですから、自分が覚悟を決めてお金と時間を費やして学べばいいだけのこと。

1度受講し、修了すればセミナーの復習での参加は10分の1くらいの代金で済みます。

仮に技を完全に習得できなかったとしても復習で受講すればいいと考え、とにかく受講することを最優先にした結果が現在です。


全貌が見えると、個別に技術を学んでいた頃よりもより細かく、より幅広く患者の体を分析できるし、技術への気づきもあります。

この場合はどうするのか?と出会ったケース毎に考えていた自分が恥ずかしく感じることもあります。(それはそれで大事なことだし、そのときの等身大の自分だからいいのですが笑)





東北には活法・整動鍼を学んでいる仲間はほとんどいません。
それだけに復習セミナーの機会は貴重であり、自分のレベルアップのためには自分が頑張っていくしかありません。


復習で参加しても学ぶべきことはあり、自分にはまだまだ伸びしろがあるのだと実感できます(笑)

次は自分の世界がどう広がるのか、活法を学ぶことに楽しみしかありません。

宮部みゆき著「荒神」を読んでこんなものを思い出した

遅ればせながら先日、宮部みゆき著「荒神」を読みました。

宮部 みゆき
2017-06-28




小説は読み始めると他のことを全て放っておくダメ人間になるくらいに没頭しやすいので、最近あまり読まなかったのですが、今回なぜわざわざこの小説を読んだかというと、単純に作品の中に碓井流活法が登場するからです。

活法研究会内のブロガー鍼灸師達も「荒神」についてをブログの中で書いています。





「荒神」は朝日新聞の朝刊で2013〜2014年に連載、単行本が刊行されたのは2014年ですので、上記のブログ記事は数年前のものです。

私は今回文庫版が発売されたので、新聞掲載時の挿絵を本にした、こうの史代著「荒神絵巻」と一緒に購入。


こうの史代
2014-08-20




この2冊、今まであまり本屋で見かけなかったのですが、2018年1月にBSでのテレビドラマ化が決まったらしく、その番宣のために本屋に山積みになっていました。

おそるべしドラマ効果・・・。



話の中核を担う「怪物」をどう映像化するのか、絡み合ったプロットをどう解きほぐしてオリジナル要素を出していくのか、それともそのまま映像化するのか、配役は誰になるのか・・・色々興味は尽きませんが半年後を楽しみにしたいと思います。



さて「荒神」についてあれこれ語りたいところではありますが、書き出すと完全にネタバレブログになってしまうので、今回は「荒神」を読んで私が連想した小説や映像作品を紹介したいと思います。






「ジェヴォーダンの獣」




いきなりマニアックな感じのものからいきます。

18世紀のフランスジェヴォーダン地方で実際に起こった謎の怪物による殺戮事件を基にしたフィクション映画です。

映画は謎の怪物による犠牲者が増える中、一人の博物学者が王命で派遣され、その正体に迫っていく、というもの。

正体不明の獣の存在や、そこにまつわる様々な人間の思惑や人間関係は「荒神」の大きな流れと似ている気がしました。

ミステリー要素も含みつつ、アクション要素も存分にあり、主人公の博物学者とその相棒が、獣やそれ以外の敵と戦うシーンはかなりカッコイイです。

ちなみにこの主人公、なんとなく荒神の登場人物、榊田宗栄を思わせます。

活法は使いませんけどね。





「ゴジラ」シリーズ

怪獣というと日本人が真っ先に思い浮かべるのはやはりゴジラだと思います。

中でも「荒神」と似た感じを受けるのは第1作目の「ゴジラ」と「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」です。

宝田 明
2014-04-23






第1作目の「ゴジラ」では、海に住む伝説の怪物「呉爾羅(ゴジラ)」の伝承があり、当初はその体の一部と襲われた村の様子が描かれます。

「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」ではゴジラに対抗するため、日本各地に封じられた護国聖獣モスラ、ギドラ、バラゴンを目覚めさせます。

ゴジラは常に「戦争」や「核兵器」などのテーマを踏まえていますが、そうしたテーマや昔の伝承が現実のものとなるというあたりに「荒神」と似たものを感じました。

それにしてもタイトルに名前を出してもらえない上、登場してからあっという間にゴジラに倒されるバラゴンが可哀想・・・(笑)





「帝都物語」

そしてこれです。




巨大な怪獣は一切出てきませんが、式神や鬼の類、陰陽道、風水、奇門遁甲など、サブカル魂を揺さぶられる要素がてんこ盛りの作品です。

私は映画の方を先に観ましたが、嶋田久作さんの加藤保憲役がハマり過ぎていて、内容よりも加藤保憲の存在感に目がいってしまいました。



平将門の怨霊により帝都東京の破壊を目論む魔人加藤保憲とそれに立ち向かう人々との攻防を描くこの作品は、陰陽道や風水の要素の色濃い影響と、様々な登場人物の思いや人間関係が入り乱れ、独特の世界観を構築しています。

映画版の、土御門家の平井保昌(平幹二朗)の元を渋沢栄一(勝新太郎)が訪れるところから始まる冒頭のシーンは、圧巻であるとともに帝都物語の世界観を凝縮していて結構好きです。




これらの作品を紹介しただけで既に「荒神」のネタバレをしてしまっている気がしなくもないですが、「荒神」を読んでその設定や世界観が好きだと感じる人なら楽しめる映画ではないかと思います。

「荒神」自体は読み応えがあってかなり面白いですし、一気に読み進めてしまうくらいに引き込まれる作品ですので、気になった方は是非!

秘境に挑む鍼

「なぜ山に登るのか?」という質問に「そこに山があるからだ」と答えたのは登山家のジョージ・マロリーらしいですが、古来より冒険心溢れる人は多く、未知の世界を開拓することに人生を注ぐ人もいます。



開拓の対象の中でも、その存在が謎に包まれている場所は秘境と呼ばれます。

衛星写真の発達によって、人間が足を踏み入れずともその様子を知ることができるようになったこともあり、地球上に秘境と呼ばれるところは徐々に減っています。

インターネットで沢山の情報が共有される中、現代にあっても未だ謎に包まれた場所は「最後の秘境」などと呼ばれたりもしています。

ロボットやドローンを利用することで秘境の調査もどんどん進むようになると思いますが、ここまで明らかになるまでには多くの人間の知恵と人生が注ぎ込まれています。

しかし、技術や文明が発達した現代にあって辿り着くのが難しい場所というのは確実に存在します。



◯人体の秘境に挑む

2年前から学び始めた活法・整動鍼では常に人体を連動という視点から開拓し、人間の体の仕組みを解析することで様々な体の症状の治療に役立っています。


そんな活法・整動鍼の腰痛治療で秘境のようなところがあります。

その場所は大体腰椎と骨盤の境目あたり。


人によって症状を訴える場所は微妙に違いますが、一般的なツボでいうと関元兪あたりを中心に手の平のくらいの範囲のどこかに痛みが残ることが多いのです。

整動鍼基礎編の内容ではどうやってもその部分の症状が抜けません。

活法だとピンポイントに腰の症状を抜く「腹部の透し」という技を使いますが、もちろん施術者の腕によっては症状を取り切れないこともあります。

イメージとしては峡谷のようです。

他のところは普通に進めるのにその部分だけ隙間のように空いていて、先の地形が見えてはいるがそこには中々たどり着けない。

腰痛治療において活法でも整動鍼でも進むにはかなり険しいエリアです。




◯整動鍼による人体の開拓

整動鍼応用編ではついにその秘境に踏み込むことになります。

そのエリアは整動鍼創始者の栗原先生にとっても険しい秘境だったのかもしれません。

テキストを開くと、そのエリアの1点には「雲峡」というツボの名前がつけられていました。


テキストには雲峡に関わる一連の連動の様子が記されていたのですが、それを見てビックリ!

基礎編の内容を使って脊柱の調整をしても、内臓の調整をしてもここだけ必ず残る理由が分かりました。

ざっくり言うとこれまで教わったものとは別ルートで肩から腰、脚へと繋がる連動があり、雲峡はその中に入っています。

腰痛治療でよく使う脊柱や内臓などとは別の連動系になっているのです。

これでは基礎編だけではどうにもならないはずです。




◯秘境攻略のツボ

整動鍼では連動する関係にあるコリをツボと定義していて、症状を出しているツボには必ずそれと連動する原因となるツボがあります。

鍼をするのは原因となるツボ。

原因となるツボが鍼によって緩むと、症状を出しているツボも緩んで動きが整えられ、結果として痛みなどの症状が改善していきます。


雲峡も直接鍼をするわけではなく、雲峡を緩めるためのツボがあります。

そのツボは肩甲骨の内縁にあります。

この肩甲骨の内縁のツボ取りはおそらく言葉だけでは伝わりません。

セミナーでツボの触感を自分の指で感じ、鍼をしてその効果を目の当たりにして欲しいと思います。




正直どうやってこの連動に行き着いたのか全く分かりませんが、とにかく連動思考編を学ぶことで秘境の攻略が可能となりました。

実際に使ってみると確かに雲峡周辺が緩み、その周辺に出ていた痛みも軽減あるいはなくなります。

腰痛や坐骨神経痛の患者さんを治療していて、かなりの確率で「ここがまだ痛いです」と言われるも鍼だけでは対処できなかった雲峡の症状。

その苦戦していた症状が、肩甲骨の内縁のツボに鍼をしただけでウソのように消えていくのです。

また実際に雲峡系を使えるようになって感じたのは、思っていた以上にこの連動系の問題を抱えている人が多いということ。

すごいものを教わったんだな、と使う度に感動を覚えます。




◯技術とは使い分けるもの

雲峡は脊柱や内臓とは別の連動系にあり、膝や足底の症状にも大きな効果を発揮します。

雲峡そのものの痛みは活法の「腹部の透し」でも何とかなる場合もありますが、その技で膝や足底まで作用するかというと、これはもう別の話です。

「腹部の透し」は症状に直接アプローチしますが、雲峡系は連動を整えます。

雲峡系は肩甲骨の内縁にあるので肌を露出する必要があるため、施術所で使うにはいいのですが、屋外などの緊急の場合や、鍼の持ち合わせがない場合は使えません。

一方、「腹部の透し」は時と場所を選ばず、患者が立ったままで施術できます。

私自身、車から降りて歩くのが大変という患者さんに駐車場で腹部の透しをして少し歩けるようになってから治療院内に入ってもらったという経験があります。

緊急時の「速さ」は活法の大きな利点です。


技術に優劣はなく、両方覚えて使い分けることができれば、対応力は何倍にもなります。

連動思考編だけでここまで治療が変わるとは思っていなかったので、残りの2編が楽しみです。

整動鍼が真の姿を現す〜整動鍼応用セミナー連動思考編レポート〜

7/16,17に整動鍼応用セミナー連動思考編に参加しました。


活法から生まれ、即効性、持続性、再現性を特長とし、全国に多くの反響を呼んでいる整動鍼ですが、今年ついに待ちに待った応用セミナーが開催されました。

これまでに開催された基礎セミナー、脊柱編、四肢編、腹背編は整動鍼の特長を学ぶためのもので、人間の体にある連動の仕組み、それを調整するためのツボの特徴(精度が良くないと効果が出ない)、それによって得られる鍼の可能性を存分に学ぶことができます。


基礎の3編だけでも様々な症状に対応できます。

腰痛、肩こり、五十肩、膝痛、頭痛、坐骨神経痛など鍼灸院で扱うことの多い症状はもちろんのこと、過敏性腸症候群、突発性難聴など病院でも治療が難しいとされるような症状にも大きな効果を発揮し、各分野の専門治療院をつくる人も出るほどです。



しかし全ての症状に100%の対応ができるわけではありません。

基礎編のみでは難しい症状もあれば、時間がかかり過ぎてしまうもの、全く歯が立たない症状と出会うこともあります。

そうした場合、活法や整動鍼以外の技術との併用で対処するしか手がありませんでした。



しかしそれは整動鍼の地位の低下を意味しません。



なぜなら基礎編はあくまでも基礎であり、まだ公開されていない未知の整動鍼の姿があるからです。

その真の姿の正体が今回の応用セミナーです。



言うなれば基礎編は矢のようなもの、それ自体を使っても攻撃力はありますが、まだその可能性を存分に引き出せてはいません。

今回の応用編は矢を生かすための弓です。

弓である応用編の技術によって、矢である基礎編の技術は射撃範囲を広げ、その威力を存分に発揮することができます。

実際応用編を使うことで、腰痛や肩こりを初めとしたほとんどの症状に対しての治療がパワーアップするのみならず、線維筋痛症、足底筋膜炎、鵞足炎など、通常の治療では中々結果の出ない症状にも対応できるようになります。

射程範囲の広さには驚きです。


また応用編の大きな特徴として、連動を紐解くことで人間の体の動きがどのようにデザインされているのかを知ることができます。

今回のセミナー内容の一部である細分化された肩首の連動を知ると、人間の体の動きの精巧さ、肩こりというものの奥の深さを感じ、それに付随する耳鳴や難聴、顔面神経麻痺などの治療の難しさも再認識できます。

しかしその奥深さを知るということは人体を深く理解し、症状にも細かく対応できるようになるということであり、治療の可能性の広さをも表しています。

応用編セミナーは鍼灸師個人個人の治療技術の可能性だけでなく、鍼灸治療そのものの可能性を広げてくれるような気がします。



セミナー後の修了式で整動鍼創始者の栗原先生がこんなことを述べました。

「今回のセミナーは『脊柱編・完全版』という感じの内容です」

今後開催予定の応用セミナーは四肢編、腹背編の上位に位置するセミナーであるとのこと。

整動鍼とは「体にある連動という仕組みを学ぶことで、人体の動きの本質を理解するための知識と技術の体系」であると思います。


応用セミナーを3編身につけた先に、一体どんな世界が広がっているのか、今から楽しみです。
ギャラリー
  • 私が活法セミナーに通い詰める2つの理由〜活法基礎セミナー下肢編レポート〜
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 宮部みゆき著「荒神」を読んでこんなものを思い出した
  • 秘境に挑む鍼
  • 秘境に挑む鍼
  • 爪で感じる「技」
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ