雑記

定義の違いに気づけ!

言語というのは便利なもので様々な情報を自分以外の人間に伝えるツールになります。

しかしながら同じ言葉であれば1対1対応で同じ意味を表現しているわけではありません。

人によって言葉の定義が微妙に異なることが多く、それを放置したままにしていると話が噛み合わなくなってきます。


ここでいう言葉の定義とは「その人がその言葉をどういうニュアンスで使っているか」ということになります。

言葉の定義はその人の知識、教養、経験から生まれます。

つまり相手との知識、教養、経験の量、質、幅などの要素の差があればあるほど、お互いのコミュニケーションは成立しづらくなります。



例えば最近よく使われる言葉に「力を抜く」「脱力」という言葉があります。

「脱力」の辞書的な意味を調べると「力が抜けること」とありますが、これを「力を抜く」と同じ意味かと問えば、人によって同じという人もいるし、違うという人もいるのが現実です。

ちなみに私は「意味が違う」と考えていて、説明の時には使い分けています。

「力を抜く」は能動的な行為であってまず「力を出す」ことが前提にあります。(「力が入る」のではないので注意)

「力を出す」ことで生まれる筋肉の反発力を吸収したり、緊張感をコントロールするのが「力を抜く」ことであると定義しています。

力が抜けてもフニャフニャ、グニャグニャになったり姿勢が崩れることはなく、力を抜いた状態でも動けるのは必須です。

一方「脱力」はフニャフニャ、グニャグニャの状態で、その状態では動きは生じないものと定義しています。


一般的な感覚で表現すると

力を抜く = 制御可能 = リラックスした体

脱力 = 制御不能 = 気を失った人の体

に近い意味で使っています。



この定義が正しい、間違っているという議論には意味がありません。

正しいか間違っているかを考えてしまう人は言葉に振り回されているだけです。


当然違う意味合いで「力を抜く」「脱力」という言葉を使っている人もいると思います。

細かいニュアンスを考えずに使っている人もいると思います。

しかし、技術として「力を抜く」「脱力」を考えた場合、その言葉を当てはめた技術の細かな定義を持っていないと稽古も質問も議論もできません。

また、その技術を知らない人との会話の中で、自分の持つ定義を相手に伝えないまま話していても理解されづらい上に噛み合わなくて口論になる、などということもよくある光景です。




話を聞く中で相手の言葉の定義を読み取っていくことは昔から「行間を読む」という言葉で表現されています。

これは言語・非言語を問わず相手の言葉や言葉の裏に秘められた様々な情報をを読み取ることであり、時に見せながら、時に隠しながらコミュニケーションするのが「駆け引き」で、これは「見切り」や「以心伝心」にも繋がります。

「言わなくては分からない」「説明がなくては分からない」は武道として遅いと言わざるを得ません。

武道に限らず、商談や渉外、詐欺行為においても言えることなのではないかと思います。




ここまで読んで「意味が分からん!」という方は何回か読んで行間を読み取って頂ければと思います。

歴史を紡ぐ夏

8/15,16は私の地元、横手のお盆夏祭りでした。

普段の町の様子からは想像もつかないほどの数の人がお祭り会場に繰り出していました。




毎年8月15日は盆踊り。







16日は屋形船の繰り出し。






どこの地域も似たようなスケジュールで盆踊りや夏祭りが開催されていると思います。

横手の夏祭りは、私が物心ついた頃にはもう当たり前のように行われていました。
時代は変われど、年に一度の祭りを毎年楽しみにしている人は少なくありません。
7月中頃から夕方にお囃子の練習の音が聴こえてくると「今年も夏が来たなぁ〜」とぼんやり感じます。


横手の屋形船のルーツは享保の大飢饉(1732年、将軍徳川吉宗の時代です)で亡くなった方々の魂を供養するためのものだそうで、もう300年近い歴史があります。


一方、8/5には今年から始まった、高校生をはじめとする若い世代と地元の個人店主との繋がりを作るイベント赤門祭、8/20には今年で7回目となる野外音楽イベントYOKOTE音FESTIVALが開催されました。



赤門祭は100年続く祭を目標に掲げています。




YOKOTE音FESTIVALは毎年参加者やボランティアスタッフが増え、横手の夏の風物詩としての存在感を増しています。


写真は静岡から参加したエンタメバンド「ラディアルレイズ」





「不易」と「流行」という松尾芭蕉が見出した理念があります。

不易とは時を超えて不変の真理、流行とは時代や環境の変化で変わる法則のこと。

どんなことであっても長く続けるというのは簡単なことではなく、長く続けるためには流行を追いかけながらも不易を見出し、生み出していくことが欠かせません。

いいとこ取りしたつもりでツギハギしても、その中に根幹となるものが無ければやがて廃れます。



横手の夏のイベントはどれも必要に迫られてやっているわけではなく企画・運営する側も参加する側も「楽しむ」ということが根幹にあります。

「笑顔で生き生きとした時間を過ごす」ことが世代を超えて継承されていくものと思います。




私が現在学んでいる活法はルーツが戦国時代ですから、横手の送り盆よりも100年長い歴史を持ち、今に伝えられています。

一方、活法から生まれた鍼灸技術、整動鍼は世に出てまだ3年、赤門祭とYOKOTE音FESTIVALの中間くらいの年数です。

どちらにもその治療効果の高さと即効性、持続性から「術者も患者も笑顔になる」という価値を全国各地に生み出しています。


治療業界で「不易」となるか「流行」で終わるかは継承した1人1人の腕にかかっています。

横手の夏はもうじき終わり、暑さも落ち着いてきますが、活法・整動鍼の熱い時代はまだ始まったばかりです。

宮部みゆき著「荒神」を読んでこんなものを思い出した

遅ればせながら先日、宮部みゆき著「荒神」を読みました。

宮部 みゆき
2017-06-28




小説は読み始めると他のことを全て放っておくダメ人間になるくらいに没頭しやすいので、最近あまり読まなかったのですが、今回なぜわざわざこの小説を読んだかというと、単純に作品の中に碓井流活法が登場するからです。

活法研究会内のブロガー鍼灸師達も「荒神」についてをブログの中で書いています。





「荒神」は朝日新聞の朝刊で2013〜2014年に連載、単行本が刊行されたのは2014年ですので、上記のブログ記事は数年前のものです。

私は今回文庫版が発売されたので、新聞掲載時の挿絵を本にした、こうの史代著「荒神絵巻」と一緒に購入。


こうの史代
2014-08-20




この2冊、今まであまり本屋で見かけなかったのですが、2018年1月にBSでのテレビドラマ化が決まったらしく、その番宣のために本屋に山積みになっていました。

おそるべしドラマ効果・・・。



話の中核を担う「怪物」をどう映像化するのか、絡み合ったプロットをどう解きほぐしてオリジナル要素を出していくのか、それともそのまま映像化するのか、配役は誰になるのか・・・色々興味は尽きませんが半年後を楽しみにしたいと思います。



さて「荒神」についてあれこれ語りたいところではありますが、書き出すと完全にネタバレブログになってしまうので、今回は「荒神」を読んで私が連想した小説や映像作品を紹介したいと思います。






「ジェヴォーダンの獣」




いきなりマニアックな感じのものからいきます。

18世紀のフランスジェヴォーダン地方で実際に起こった謎の怪物による殺戮事件を基にしたフィクション映画です。

映画は謎の怪物による犠牲者が増える中、一人の博物学者が王命で派遣され、その正体に迫っていく、というもの。

正体不明の獣の存在や、そこにまつわる様々な人間の思惑や人間関係は「荒神」の大きな流れと似ている気がしました。

ミステリー要素も含みつつ、アクション要素も存分にあり、主人公の博物学者とその相棒が、獣やそれ以外の敵と戦うシーンはかなりカッコイイです。

ちなみにこの主人公、なんとなく荒神の登場人物、榊田宗栄を思わせます。

活法は使いませんけどね。





「ゴジラ」シリーズ

怪獣というと日本人が真っ先に思い浮かべるのはやはりゴジラだと思います。

中でも「荒神」と似た感じを受けるのは第1作目の「ゴジラ」と「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」です。

宝田 明
2014-04-23






第1作目の「ゴジラ」では、海に住む伝説の怪物「呉爾羅(ゴジラ)」の伝承があり、当初はその体の一部と襲われた村の様子が描かれます。

「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」ではゴジラに対抗するため、日本各地に封じられた護国聖獣モスラ、ギドラ、バラゴンを目覚めさせます。

ゴジラは常に「戦争」や「核兵器」などのテーマを踏まえていますが、そうしたテーマや昔の伝承が現実のものとなるというあたりに「荒神」と似たものを感じました。

それにしてもタイトルに名前を出してもらえない上、登場してからあっという間にゴジラに倒されるバラゴンが可哀想・・・(笑)





「帝都物語」

そしてこれです。




巨大な怪獣は一切出てきませんが、式神や鬼の類、陰陽道、風水、奇門遁甲など、サブカル魂を揺さぶられる要素がてんこ盛りの作品です。

私は映画の方を先に観ましたが、嶋田久作さんの加藤保憲役がハマり過ぎていて、内容よりも加藤保憲の存在感に目がいってしまいました。



平将門の怨霊により帝都東京の破壊を目論む魔人加藤保憲とそれに立ち向かう人々との攻防を描くこの作品は、陰陽道や風水の要素の色濃い影響と、様々な登場人物の思いや人間関係が入り乱れ、独特の世界観を構築しています。

映画版の、土御門家の平井保昌(平幹二朗)の元を渋沢栄一(勝新太郎)が訪れるところから始まる冒頭のシーンは、圧巻であるとともに帝都物語の世界観を凝縮していて結構好きです。




これらの作品を紹介しただけで既に「荒神」のネタバレをしてしまっている気がしなくもないですが、「荒神」を読んでその設定や世界観が好きだと感じる人なら楽しめる映画ではないかと思います。

「荒神」自体は読み応えがあってかなり面白いですし、一気に読み進めてしまうくらいに引き込まれる作品ですので、気になった方は是非!

爪で感じる「技」

鍼灸師は患者さんの体に触れる仕事です。

鍼灸師に限らず、およそ治療だとか施術と呼ばれるものを生業としている人は他人の体に触れる、ということを避けては通れません。

鍼灸師の手は患者さんの体の状態を読み取る感知器であり、鍼灸師自身のことを患者さんに伝える伝達器であるとも言えます。


その中でも指は特に細かいレベルの機能が求められます。
そのため指の状態に気を使う鍼灸師は多いと思います。

突き指しないように球技はやらない、刃物で傷つけないように料理はしないなんて人もいますし、中には普段は手袋をしていて余計な情報を読み取らないようにしている人もいます。

手袋の件に関してはApple社のジョブズやフェイスブック社のザッカーバーグが決断疲れをしないように日常の決断の回数を減らすためにいつも同じ服を着ていた、というエピソードに通ずるものを感じます(今回はそういう話ではないのでこれ以上は深めません)。

日常生活レベルから指の感覚のケアを意識する人もいる一方、さほど意識せず生活している鍼灸師もいます(むしろこっちの方が多い)。

意識しないことは悪いことというわけでもなく、指で様々な情報に触れるため、自然と感覚的な部分のトレーニングになるという側面もあります。

どちらのタイプの人でも最低限このくらいのことは意識している、というラインがあります。

それは・・・


「爪の長さ」です。



昨今は女性はネイルをする人が多くなりましたが、ネイル以前に爪そのものが美容面でのケアの対象になっていると感じます。
爪のツヤや形も大事ですが、その長さも大事なポイントかと思います。
男性の場合はネイルする人はほとんど見かけませんが、身だしなみとして切りそろえておくことが当然となっています。

鍼灸師はというとツボをとる際にどうしても指は使いますし、ツボにも体の表面に近いツボ、深いところにあるツボなど色々あるので、ただ触れるだけの時もあれば、指を深く沈めることもあります。

そんな時に爪が伸びていたら患者さんとしては爪の固い感触を感じたり、爪が食い込んで痛いことも多くあります。
そのため、鍼灸師は患者さんに不快な思いを与えないように、日頃から爪のチェックを怠らず、常にやや深爪気味の人が多いのです。

そうなってくると爪を切る道具にもこだわりが出てきます。

私がここ数年足を運んでいる活法研究会会員の多くが買い求めて愛用している爪切りがあります。




それがSUWADAの爪切りです。


「爪切りなんてどれも同じでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、ところがどっこい使ってみると大違いです。



爪切りも刃物の一種。

刀に名刀となまくらがあるように爪切りにも切れ味の違いは確実にあります。


SUWADAの爪切りはニッパータイプ。

普通のニッパー持ちでも使えますが、持ち方を変えると普通の爪切りのように使えます。


切れ味は音に現れます。

普通の爪切りでは「パチン」という音がします。

SUWADAの爪切りは「カツッ」という感じの小さな音がします。

参考に以前「鍼灸師のツボ日記」でアップされた動画をどうぞ。

こちらから。

動画はリンク先の中央あたりにあります。


切るときに指に伝わる感触はもっと明確に違います。

普通の爪切りだと表裏から爪の表面を挟んで力を加え、そこからいきなり爪を切断して刃同士がぶつかり合うような感触が伝わってきます。

SUWADAの爪切りは最初に爪にスーッと刺さっていくような感触があり、最後の固い芯を瞬間的に裁断している感触があります。

鉈(なた)と包丁の違いと言えばいいか、ハサミのカミソリの違いと言えばいいか、とにかくSUWADAの爪切りには鋭利な刃物が爪に入り込むような感触があり、爪の固さによる抵抗が少ないのです。

まさしく名刀という感じの逸品です。



某漫画で「戻し切り」という、切断面がピッタリ合って元に戻せる切り方のできる業物が登場していましたが、SUWADAの爪切りを使ったとき何となくその「戻し切り」を連想しました。



爪を切った後、ヤスリがいらないくらい滑らかなので戻し切りできそうな気がしたのです(実際はできません)。



また、その刃の鋭利さと造りの精密さはその姿にも見てとることができます。

刃を合わせたときその隙間がほとんど見えません。まるで連続した曲面のようです。




爪切りとしてはかなり高価な部類ですが、日々指先に気を使う鍼灸師としては、持っておいて損はないと思います。



爪切りの機能もさることながら、人の手による精巧な技術に日常的に触れることは、精密なツボ取りを求められる鍼灸師にとってはそれだけで価値あることです。

過剰なる接待〜整動鍼北海道セミナーレポート番外編〜

前回はこちら

北海道で初開催の整動鍼セミナーは大成功のうちに終わりました。

今回の成功の裏には毎回セミナーの準備をしている講師陣の努力ももちろんあるのですが、現地ホストである快気堂鍼灸院白石の谷地一博先生の尽力が大きかったと思います。

会場の手配に始まり、参加者への会場案内、当日の準備、片付けなど色々大変であったろうと思うのですが、それに加えて谷地先生宅に泊めて頂いた私と講師の先生方は色々と接待して頂きました。

今回はその一端をご紹介したいと思います。



◯食事で接待

北海道と言えば食の宝庫です。農業、畜産、漁業も盛んで、名産品も盛り沢山。

元々栗原先生に北海道の味覚を堪能してもらいたいという思いが谷地家にあったらしく、私もその恩恵に預かることができました。


前入りした日の夜の新千歳空港の回転寿司に始まり、


セミナー2日目の夜は同じく空港で札幌ラーメン。




朝食は谷地先生の奥さんのマナコさん手作りのちゃんちゃん焼きや石狩鍋、八紘学園の生クリームのような味わいの牛乳やとれたて卵の卵かけご飯、道内産のサツマイモのような甘さのジャガイモ「インカのめざめ」にバターとイカの塩辛を乗せて頂く、家庭菜園の採れたてアスパラやホッケ、タラコなどの海の幸・・・とても朝食とは思えないような豪華なラインナップが2日間に渡って繰り広げられられました。

写真を撮っていなかったことが悔やまれます。


整動鍼セミナーでは実技時間の確保の為に昼休みが40分程度と短いことが多く、飲食店でゆっくり食べることができないことがほとんどですが、今回に関しては栗原先生をはじめ講師の秋澤先生や坂口先生も朝食の満足度の高さゆえ、昼は少食になっていたため、時間が短くても何の問題もありませんでした。

このブログを書いていても味を思い出しよだれが出てきそうです。
そのくらいの美味しい食べものの連続でした。



◯息子さんの接待

谷地先生には4歳になる息子さんがいます。度々ブログにも登場していて活法研究会の中ではちょっとした有名人です。
私は昨年の活法合宿でその息子さんに会っているのですが、温泉でちょっと怖がらせてしまっていたので、今回はどうなるかちょっと心配でした。




しかしその心配は杞憂でした。




谷地先生が息子さんに「栗原先生が来るんだよ〜」と言うのと一緒に「小松田さんも来るんだよ〜」と夜な夜な言い続けていたおかげなのか、私が谷地家を訪問するのをものすごく楽しみにしてくれていたようなのです。


前入りした日、谷地家にたどり着いて一休みしていると谷地先生の奥さんのマナコさんと息子さんがやってきます。

マナコさん曰く「息子が小松田さんとUNOをやりたいと言ってるんです」


「え?あ、はい、いいですよ」

息子さんとマナコさんと私の3人でUNOを始めます。(この時谷地先生は患者さんの治療中)

初戦はわざと負けてあげ、2戦目は大人の強さを見せてあげようと思っていたのですが、そういう下心があると物事は上手くいかないもの。5戦ほどしてまさかの全敗・・・。



勝ちに気を良くしたのか息子さんは次のゲームを持ってきます。


なんと「修造かるた」!


「修造かるた」はあの熱い男、松岡修造さんの名言をかるたにしたもので、修造さんの全力のポーズとともに様々な名言が綴られています。
では一緒にかるたを、と思っていたら、息子さんは札を読むのにハマっているとのこと。
しかも字を全部読めるわけではないので読み札の頭文字を一声叫び、あとは修造ポーズの真似をして、その情報を元に私とマナコさんがかるたをするという何ともシュールなかるた遊びが始まりました。


これってかるた遊びとして成立するのか?と思っていたら、息子さんの修造ポーズ真似が意外と高クオリティだったため、案外普通にかるたができてしまいました。気づいたら全ての札を取り終えていました。

何とも普通とは違う方向性への成長が楽しみです。



◯セミナー翌日

栗原先生をはじめ講師陣はセミナー終了の日に飛行機で東京方面に帰りました。
私は帰る飛行機が無いのでもう一泊。

翌日の午前は時間が空いていたので観光でもしようかとぼんやり考えていたのですが、ある言葉をきっかけに予定は変わりました。


谷地息子の「UNOやろう」宣言です。
今回は一切手加減なしです。40歳が4歳をカードゲームで全力で倒しに行く姿はかなり大人気ないとは思いましたが、私が放った「男の勝負だ!」という言葉が息子さんの男心をくすぐったらしく何度負けても立ち向かってきます。

そんなこんなでUNO、トランプでの神経衰弱、「キリンとぞう」という駒遊びなどで次々と勝負を続け、気づいたらあっという間にお昼に・・・。




◯いざ発祥の地へ

ここで谷地先生からお昼の提案が。

「せっかくだから皆でスープカレー発祥のお店に食べに行きましょう」

前日には時間がなくて栗原先生達が食べられなかった本場のスープカレーと対面できることになりました。

件のお店の名前は「マジックスパイス」


お店の名前にインパクトがありますが、店内の様子にはもっとインパクトがあるお店でした。

インド風の装飾だらけの店内


壁に並ぶ文字は辛さの段階。



そのスープカレーはというと「辛いのに喉が乾かない」不思議なカレーです。


鶏モモ肉が丸ごと一本入っているし、辛さも旨味もしっかりしてそれほど飽きのこない味です。
それでいて辛いものを食べた後の水が欲しくなる感じがないのです。まさしくマジック!

ただスープカレーの発祥はここでも、その後色々とスープカレーも変化しているらしいので他のお店もいずれ行ってみないといけません。まだまだスープカレーも楽しめそうです。



この後、最寄りの白石駅まで送っていただき、谷地先生一家に別れを告げました。

谷地先生一家にはとても感謝しています。
谷地先生一家のこれでもかというほどの接待があったからこそ今回の北海道セミナーは普段のセミナー以上の楽しい思い出になりました。

他人と3泊4日で寝食を共にするなどということは、それこそ修学旅行や部活動の合宿くらいしかチャンスがありません。

別れの歳に息子さんに手を振った時には何だか親戚のおじさんのような気持ちになっていました。






今回北海道のセミナーに参加したことで、また北海道に行く理由が増えたと思います。
今年の整動鍼札幌セミナーはあと2回、7月と9月にあります。

私は参加はしませんがこの調子だと来年も開催されそうな気がします。








おまけ

ちなみに翌週、後輩の結婚式のために再び札幌を訪れたのですが、その時にも時間を作って空港まで来てくれて一緒にお昼ご飯を食べました。もう本当の親戚より会ってます(笑)



さらにその翌週も東京のセミナーで谷地先生と一緒だったのですが、その話はまた次の機会に。


整動鍼北海道セミナーレポート 〜完〜
ギャラリー
  • 私が活法セミナーに通い詰める2つの理由〜活法基礎セミナー下肢編レポート〜
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 宮部みゆき著「荒神」を読んでこんなものを思い出した
  • 秘境に挑む鍼
  • 秘境に挑む鍼
  • 爪で感じる「技」
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ