11月13日夜10時。高速道路を走る一台の車。
運転席でハンドルを握るのは整動鍼の創始者・栗原先生。助手席には北海道のカリスマ鍼灸師谷地先生。私は後部座席に座り3人で談笑しながら群馬へ向かっていました。
私にとっては初の群馬県入りです。

この日は「集客する気のない集客セミナー」カポス式集客スクールの第2回目。
セミナーと懇親会を終え、かねてから栗原先生にお願いしていた養気院の見学のために車を走らせていました。(運転は栗原先生でしたが)



養気院は栗原先生が20代の時に建てた鍼灸院です。既存の鍼灸院にはない雰囲気と数々のこだわりが随所に散りばめられいます。驚くことになんと今もまだ進化中。サグラダファミリアのように時間をかけて完成させていくのだそうで、まだまだ様々な構想が栗原先生の頭の中にあるようです。




その日、養気院に到着したのは夜11時。ブログで読み、動画で観、多くの方から話を聞いていた憧れの鍼灸院が目の前に!
私と谷地先生のテンションは急上昇です!

明日という時間もあるのに早速中を見せて頂きました。




入っていきなり目に入ってくる中庭(?)の木。東洋思想を一部取り入れたのだとか。
カッコいいな〜とは思うものの、横手で同じことをやったら冬に雪で大惨事になるのが目に見えています。
これは真似できん・・・。




問診室にある栗原コレクションもとい蔵書の数々・・・興味を惹かれる本ばかり。鍼灸に関するものの他、体の動きを考える上でヒントになる本が沢山並んでいます。この全てが整動鍼を生み出すヒントになっている・・・まだまだ勉強すべきことは沢山ありそうです。


以前カポスのブログで存在を知っていた屋根裏にも・・・急角度にかけられた梯子を登るとそこはもう別世界。絶妙な狭さと絶妙な天井との距離がちょっとした秘密基地感を醸し出します。屋根裏部屋はその存在自体がロマンです。いいなぁ・・・。



施術室やアトリエも見せて頂きました。施術室は患者さんが安心して施術を受けられる場、アトリエは栗原先生が自身を日常と切り離して落ち着いて仕事をできる場なのだろうと思います。
これも欲しいなぁ・・・。


養気院には文字には起こせない、自分の治療院を考えていく上でのヒントが沢山あったと思います。全てに一貫しているのが、「働きやすい」ことと「患者さんのことを考えている」ということだと思いました。
こういう治療院、いいなぁという言葉しか思い浮かびませんでした。



翌日またゆっくり見学させて頂くことにして宿に向かいます。


この時我々はまだ知りませんでした。この群馬の地にはまだ知らない数々の驚きが潜んでいることを・・・。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例ブログも随時更新中!!




◯平城鍼灸整骨院
秋田県横手市平城町6-25
TEL 0182-36-6036
完全予約制
年中無休(不定休あり)
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00