今回はファッションに全く無頓着な私がファッションを通して整動鍼のツボ選びを語ります。


◯鍼灸師はコーディネーター?

何かのテレビ番組である芸能人が服を買いに行く度に、店にかけてある服を「ココからココまで買う」と伝えて一度に100着近く服を買った時期があるが1度も袖を通していないものが沢山ある、と語っていました。
服は数が多ければ選択肢は増えますが、ただ多ければいいわけではなく、きちんとコーディネートしないとその人の魅力を最大限に発揮できません。コーディネートにはある程度の法則があり、理論があり、その上で選び方に個性が現れます。



整動鍼は患者の体に合わせたツボのコーディネート技術であるとも言えます。多くもなく、少なくもなく、体の連動を考えながらそのときのその人に最適なツボを選び鍼をします。複数ある選択肢の中でどのツボを選ぶかに鍼灸師の個性が現れます。


◯プラスマイナスはテーマによる

気に入っている服だからと何でもかんでも着るわけにはいきません。その時のテーマによって同じアイテムでもプラスに働いたりマイナスに働いたりします。結果として全体のバランスが取れていることが重要です。

整動鍼のツボ選びもそうした視点と同じで、その時の症状や体の状態によって同じツボでもプラスに働いたりマイナスに働いたりします。人体に関わることなので、マイナスを出さず、よりプラスに働くようにツボの数を絞っていくことになります。
少ないツボで体の変化を集中させるのが大切です。



◯コーディネートに必要なもの

コーディネートには知識とセンスの2つが不可欠のではないかと思います。
ファッションなら何でもかんでも目移りせず、色彩や材質、アイテムの特徴という知識を総合し、本人のセンスで組み合わせを選んでいく。簡単に真似できるものではありませんが、ある程度なら法則性に従っていけば、大きく間違うことはありません。

ツボ選びも知識とセンスがものを言います。
ツボや体の関係性を総合し、術者のセンスでツボを選びます。簡単なことではありませんが、整動鍼というガイドラインのお陰で、大きく間違うことなく治療ができます。


◯大切なのは「使うものを厳選する」こと

服もツボも目を引くものが沢山あります。だからこそしっかりと使うものを選んでその魅力を最大限に発揮したいと思っています。
体のパーツは有限ですから身につけられるアイテムも限られます。少ないと簡素だし、多すぎると下品。使う数に現れるのは人となりかもしれません。
ツボ選びの場合は体の耐えられる刺激に限界があることを考慮しなくてはいけません。
鍼灸の治療は日常の中にあるものだと思います。だからこそ日常生活への支障は減らしていきたい。治療した日もその翌日も普段通りの毎日を過ごせることが理想です。

少ない鍼で治療するのはそんな理由もあります。

(1番の目的は最大限の効果を出すためです)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例ブログも随時更新中!!




◯平城鍼灸整骨院
秋田県横手市平城町6-25
TEL 0182-36-6036
完全予約制
年中無休(不定休あり)
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00