漫画でも映画でも昔からのちょっとかっこいい言い回しとして「急所は外しておいた」なんてものがあります。

こんなセリフが登場する漫画は最近少ないですが・・・



急所は辞書的な意味としては「体の中で生命にかかわる大事な所」(デジタル大辞林)とありますが、由来が武術の殺法であることは明白です。

治療の場合にも「急所」という言葉を使う人がいます。殺法の急所はうまく使うと治療点にもなるのでそれを使っているということだと思いますが、使い方を誤るとかえって体を壊すことになります。治療技術に体の使い方が求められるのはこのためです。


◯技術の難易度

今、目の前に1匹の蝿がいるとします。

五月蝿く飛び回るハエがいると、多くの人はハエたたきで仕留めようとするかもしれません。

こっちじゃないですよ。



ハエたたきを使えば確かに簡単ですが、命を奪うことになりますので、生け捕りにすることを考えましょう。

・・・ここでいきなり難易度が上がります。     

虫取り網などの道具を使えばまだいくらか楽かもしれませんが、素手ならどうでしょうか?
さらに箸で生かしたまま捕まえるとなったら達人でもないと不可能です。


ラルフ・マッチオ
2004-06-23



技術というものは殺法的なものよりも活法的なものの方が難しいのです。


◯難しさの正体

ではなぜ殺法より活法の方が難しいのか?要因はこの辺りだと思います。

・刺激の強さ
・相手との関係性 

①刺激の強さをコントロールする
分かりやすい動きとして「叩く」を考えます。
一口に叩くと言っても使用する場面によって必要な刺激量は違います。
「手で肩を叩く」と「ハンマーで地面を叩く」が同じだったら色々事件になりそうですし、同じ「肩を叩く」でも、施術とリストラ勧告では相手に与える影響も違います。

殺法として考えれば基本的に刺激量は多ければ多いほど有効です。
活法だと強すぎても弱すぎてもダメで、相手に治療上必要な強さで叩く必要があり、その強さの範囲も個人差があります。
細かく刺激をコントロールすることが施術としての効果につながってきます。


②相手との関係性は複雑すぎる
殺法を使う場面では基本的に相手の意識はこちらに向いています。意識が向かってきているのでその力を利用することも可能になります。
が、相手も急所を攻撃されたくはないので防御も怠りありません。急所を狙うのは難しいですが、狙った急所に的確に効かせるのはもっと難しいです。





治療の場合は相手が防御するケースは少ないので活法の方が急所を狙いやすいという面はあるかもしれません。(力の使い方によっては防御されますが)
ですが相手の意識がこちらに向いていないことも多いので、そもそもの関係づくりが重要になります。

関係づくりには会話、位置関係や動きの間などに始まり環境(色、温度、湿度、匂いなどを含みます)も関わるので全部を考慮し出すとキリがありません。


昔の武術流派にあっては殺法の修行を極めた者には活法の型を示せばすぐ再現できたとか。殺法と活法の体の使い方は同じであるということだと思います。殺法にも段階があり、倒すだけの段階から相手の生死を技術によってコントロールできるのが真骨頂であると思います。

現代にあっては殺法と活法を同時に学んでいる人間は少ないと思いますが、技法の一つの面だけでなく、違う面から学ぶことで深く理解できると思います。

活法研究会の技術に関して言えば殺法とは違いますが、活法と整動鍼を同時に学ぶことには大きな意味があると思います。活法の体の使い方は整動鍼に役立ちますし、整動鍼の触診や理論の細かさは活法での見切りや触れ方の助けになります。
人体を2つの技術を通して見ていくことで自身の治療技術に与える効果は計り知れません。


10月16日(日)、17日(月)は活法整体入門セミナー肩こり編が開催されます。
活法に興味を持った方だけでなく整動鍼に興味を持った方にもオススメのセミナーです。

セミナーに興味を持った方はこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例ブログも随時更新中!!



◯平城鍼灸整骨院
秋田県横手市平城町6-25
TEL 0182-36-6036
完全予約制
年中無休(不定休あり)
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00