前編はこちら

はしゃぎ過ぎた次の日はこんな感じになっていました。

はい、見事に燃え尽きています。


起きてから朝風呂、朝食と時は進むわけですが、写真を撮る気力もなく。
朝の露天風呂で風呂活法をやったとかはここでは書いてはいけない気もするわけです。

色々割愛して午前の活法タイムに。

まずは朝活法。
碓井流活法には多数の自己調整法が伝わっていますが、普段のセミナーでは治療法がメインなので教わる機会がありません。
折角の機会だからと10手ほど全身を調整する方法を教わりました。中には老化防止法などという名前のものも・・・。

一応これも自己調整法の一環です。



そして新しい技の公開です。
活法は戦国時代から続く技法が多数ありますが、それは原理の一面でしかありません。技を研究して原理を紐解き、その原理を用いることで応用範囲が広がります。新しい技もその応用の一つです。

体の原理は同じでも昔と生活様式が変わることで問題を抱える部分も変わっています。特に顕著なものは目と胃腸の使いすぎかと思います。肩こりや腰痛にはこれらの問題が関わっていることが少なくありません。



活法タイムを終えるとホテルを後にし道の駅伊東へ。

ここで海鮮のランチを頂きます。


こういうところに疲れは現れるらしく、またも完全に写真を撮り忘れていました。
これは私の食べたものではありませんが雰囲気をということでK先生の写真をお借りしました。ありがとうございますm(_ _)m


海に面した道の駅。見晴らしは最高です!


普段のセミナーは当然のことながら技術の習得に重きが置かれますが、今回の合宿は技術もさることながら、活法仲間同士の交流が中心となっていたと思います。
基礎編まで修了しているメンバーともなればほとんどが顔見知り。技も復習や応用がほとんどです。だからこそ、初対面のセミナーではしないようなその人個人に踏み込んだ話や、技を行う上での感覚的な話が多くなり「一人一人を知る」時間が豊富にあったと思います。
セミナー受講者同士というより「同門の仲間」という言葉がしっくりくる感じです。

そんな出会いと繋がりを作ってくれたのが活法。まだまだ楽しみは広がります。


今回の様子は活法研究会のブログにも掲載されています。2日目の方にはダイジェスト動画もありますのでどうぞご覧ください。雰囲気が伝わると思います。

1日目

2日目


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例ブログも随時更新中!!



◯平城鍼灸整骨院
秋田県横手市平城町6-25
TEL 0182-36-6036
完全予約制
年中無休(不定休あり)
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00