いろんな人がすなるブログといふものを我もしてみむとてするなり。
ということで利用しつつもサボり気味だったア◯ブロからこちらにお引越ししました。


鍼灸師のブログが熱い⁉︎

最近私の周りには人気ブロガー鍼灸師が増えています。
ブログ草創期から高い人気を誇る方、北海道の話題を書いても関東圏の読者から注目を集める方、真面目なネタから遊びのネタまで実証する方、ほのぼのした親子の様子を綴る方・・・ジャンルも実に様々です。
張り合おうなんて気はさらさらありませんが、仲間が面白いネタや熱い思いを綴るのを読むだけではなく、自分もまた何かを書いてみようと思ったわけです。(決してどこかから圧力がかかったわけではありません。)
今回はここ1年ばかりハマっているものについて書いてみます。


仕事にハマる⁉︎

私は鍼灸師と柔道整復師の免許を持ち、鍼灸整骨院を経営しています。(といっても従業員ゼロの個人経営ですが)
よく間違えられますが、マッサージ師ではないのでマッサージはしません。では整体か?というとそもそも整体の定義がはっきりしていないし、技術もその先生によって様々なのでそうであるともないとも言えます。
ただ一つ確実なのは横手市(というより秋田県)に数ある整体や整骨院、鍼灸院とはまず被ることのない技術で施術をしているということです。

その技術とは活法。
文字だけ見ても読めないですね。「かっぽう」と読みます。戦国時代から伝わる武術の原理を応用した治療技術です。
いわゆる武術の技は表の技「殺法」と呼ばれ、「活法」は裏の技と呼ばれることもあります。
現在私がハマっているのがこの「活法」と活法をヒントに生まれた「整動鍼」です。活法の魅力は「瞬時に体を変化させること」と「見た目の格好良さ」であると思っています。


活法の発想

活法の技の中で起こることは単純明快です。簡単に言ってしまうと

「動けたら痛くないよね」

ということになります。

あれ?と思う人もいるかもしれません。痛いから動かせないんじゃないの?というのが一般的な反応だと思います。
痛みの命令を出しているのは脳です。痛みの命令があったとしても先に「動けた」という事実を作ってしまえば痛みを出す必要が無くなるのです。
一般的なものとは違うこの逆転の発想こそが活法の「瞬時に体を変化させること」を可能にしています。


「格好良さ」とは「効果」であり「美しさ」である

「見た目の格好良さ」とだけ言うと誤解を生みそうな気がしますので補足をば。

活法の技は多種多様でざっと500手以上の技があると言われています。
「え?今何かやった?」と思うような動きの少ないものから、「おー!必殺技っぽい!」と思うようなものまで様々です。
一つ一つに見た目だけでは分からない原理があり、体の使い方があります。それが術者によって表現されたとき治療効果の高い技となります。
「原理に基づいた見た目の格好良さ」は「見た目だけの格好良さ」とは違い、美しさがあります。私の活法への憧れは、所属する活法研究会の技術顧問・碓井誠先生や講師の先生方の技の表現の美しさへの憧れであるとも言えます。


現在200手近い技を教わりましたが、技は精度が命です。「一撃必殺」ならぬ「一撃必活」を目指して毎日が稽古です。年齢や体力に関係なく自分の技術のレベルアップを感じられるのは表の技も裏の技も同じです。

長くなってきたので整動鍼についてはまた今度。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

症例ブログも随時更新中!!



◯平城鍼灸整骨院
秋田県横手市平城町6-25
TEL 0182-36-6036
完全予約制
年中無休(不定休あり)
診療時間
9:00〜12:00
14:00〜18:00