年が明け2018年。

1/3に昨年も参加(?)したイベントに行って来ました。

「Here I am」という年初の所信表明をする感じのイベント。
企画しているのは20代前半の若者達です。

昨年はプレゼンテーション形式でしたが今回はワークショップ形式。

高校生からアラフォー社会人まで、仕事も環境も違う20人ほどがワークショップを通じて2017年を振り返り、2018年はどうありたいか、に気づき言葉にしていきます。

人によって目指すものも表現も様々、「いつもと違う誰かと話をする」ことはそれだけで刺激になります。



◯去年はどうだった?

そういえば去年の今頃はどうだったろうと年初に書いたブログを読み返してみました。




「活法や合気道に興味がある、価値を見出してくれる人により多くの情報を届けたいと思います。」

なんてことを書いていましたが・・・昨年書いたブログは26本。

夏までは比較的順調だったものの徐々に失速。そして9〜11月は何も書いていないという体たらくぶり。

原因はハッキリしています。

昨年の秋は、いい年したオッさんのくせに色んなことが嫌になり、情報発信をスッパリ止めた時期でした。

ブログに関して言えば、開始当初から周囲の反応を考え、本音を少し差し引いた内容のものを書き続けていました。

読んだ人から「面白かった」とか「勉強になった」という感想を頂いたこともありますが、自分の中では上辺だけの文章を書いている感じしかしません。

少し人間関係で悩んでいたこともあり、段々とブログを書くのが苦しくなってきたので、しばらく休むことにしたのです。




◯現実の中に転機があった

12月に入る頃から徐々に人や本の影響を受け、自分の中に情報発信の熱が再び沸き始めました。

youtubeやツイッターなどを見ていて危機感を感じたのも理由の一つです。

インターネットで情報が簡単に手に入るようになった現代にあっては情報発信をしていないものは存在してないものと同じような扱いです。

情報発信の量が多ければそれだけで正統なものとして多くの人の意識に残ります。


私が学んでいる合気道は開祖が最晩年まで研究されたもので、伝承者が少なく、同じ原理の動画や解説はネット検索をしてもほどんど見つかりません。

活法や整動鍼に至っては東北にはほぼ私1人しか使い手がいない状況です。

どんなに素晴らしいものを持っていたとしても、情報発信しなければ、学びたい人、治療を受けたい人には届かず、いないのと同じです。

開祖が追い求めた真の合気道にしても、活法・整動鍼という治療業界をひっくり返すほどの可能性を秘めた技術にしても、自分の中にある以上は地元で生かしたいし、東北でも生かしたい。
しかしそれを可能にするには情報発信があまりにも足りな過ぎる。

そんな現実が何となく自分の中で実感になってきました。




◯そして今年は?

というわけで今年は情報発信を増やす年にしようと決意しました。

他人に任せていてはいつまで経っても自分の思う世界にはならなそうです。

多少の批判は恐れず、このブログでも自分の思うことを堂々と書いていこうと思います。



あとは・・・少し痩せよう・・・



読んでくださる皆様、今年もよろしくお願い致します。