私が現在学び、臨床で使っている活法・整動鍼は武術が元になっています。
武術の原理や思想に基づき、相手を倒す表の技を殺法、相手を治療する裏の技を活法と呼び、表裏一体の技術として戦国時代から伝えられています。

ですが現代にあっては殺法いわゆる一般的な武術の稽古をしている人が治療を学んでいるケースは少ないですし、武術を学ぶ治療家も多くはありません。
一部の鍼灸師やマッサージ師、柔整師などで治療に「気」を利用する人が気功や太極拳などを学んでいる話は時々聞きますが、それほど多くはありません。
だからと言って治療ができないというわけでもなさそうです。

そもそも治療家に武術(殺法)は必要なのでしょうか?



◯まずは結論から

結論を先に言います。

治療家にとって武術は「学んでおくと絶対的に有利だが、必ずしも必要ではない」です。


どんなものであっても専一にずっと研鑽していけばいずれはその道の達人となる可能性があります。無論条件付きではありますが。
治療も例外ではありません。ただしそれには膨大な年月がかかりますし、誰もがなれる訳ではありません。
武術を学ぶとその道を少し早く進むことができます。



◯治療家が武術に求めるもの

治療家が何を求めて武術を学ぶかというと
「治療に必要な体の使い方を学びたい」
という一言に尽きるのではないかと思います。

「治療に必要な体の使い方」とは何かと言われれば、対立を起こさない相手への触れ方、姿勢の作り方、体幹から力を伝える手足の使い方、間合感覚、意識の使い方、といったところでしょうか。他にも色々あるのですが、言語化しきれない要素も沢山あります。


要素として分かっていれば武術を学ばなくても個別に訓練すればいいだけなのですが、治療技術と体の使い方をセットで教えてくれる場所がないから治療技術の向上のために武術を学ぶ治療家がいるのだと思います。

なぜ教えてくれる場所がないのか?それには理由があると思います。

活法は様々な治療法の源流であると考えられています。
活法の歴史的な位置づけやその性質にヒントがあります。



◯殺法が先か活法が先か?

現代では殺法と活法の両方を教授する武術の流派はそれほど多くありません。
数少ないそれらの流派では基本的には殺法を稽古し、技の身についた者が活法を学ぶケースが多いようです。
学ぶといっても形を教えられるだけで、その技を成立させる要素は殺法で学んでいるから、余計なことは言わなくていいようなのです。

殺法が表、活法が裏とされていることからも分かるように、武術にとってのメインは殺法であり、活法はあくまでも参考技法的な位置づけです。
武術は戦闘技術であり、武士にとっては職業技能です。戦場で敵を倒すと手柄になりますが、治療が上手くても手柄にはなりません。必然的に殺法の技術が磨かれていったはずです。
そして、殺法のこの技をこのようにすると治療もできる、ということが次第に分かってきて今に至るのだろうと思われます。

つまり学ぶ主体である武術(殺法)を修め、体の使い方の出来ている者が活法を学んでいたため、治療(活法)を単独で学ぶものなどいなかったと考えられます。

活法の前提には必ず殺法があります。それを抜きに活法を学ぶこと自体がかなり難易度が高いと言えるのです。

そう考えると武術を学んでいる方が学んでいないよりも絶対的に有利であることが分かると思います。


このように書くと活法に武術は必須のように聞こえます。
ここで言いたいのは「武術を学ぶと治療には絶対的に有利であるということ」ですが私の結論は「必ずしも必要ではない」です。


次回はその理由について述べたいと思います。