8/15,16は私の地元、横手のお盆夏祭りでした。

普段の町の様子からは想像もつかないほどの数の人がお祭り会場に繰り出していました。




毎年8月15日は盆踊り。







16日は屋形船の繰り出し。






どこの地域も似たようなスケジュールで盆踊りや夏祭りが開催されていると思います。

横手の夏祭りは、私が物心ついた頃にはもう当たり前のように行われていました。
時代は変われど、年に一度の祭りを毎年楽しみにしている人は少なくありません。
7月中頃から夕方にお囃子の練習の音が聴こえてくると「今年も夏が来たなぁ〜」とぼんやり感じます。


横手の屋形船のルーツは享保の大飢饉(1732年、将軍徳川吉宗の時代です)で亡くなった方々の魂を供養するためのものだそうで、もう300年近い歴史があります。


一方、8/5には今年から始まった、高校生をはじめとする若い世代と地元の個人店主との繋がりを作るイベント赤門祭、8/20には今年で7回目となる野外音楽イベントYOKOTE音FESTIVALが開催されました。



赤門祭は100年続く祭を目標に掲げています。




YOKOTE音FESTIVALは毎年参加者やボランティアスタッフが増え、横手の夏の風物詩としての存在感を増しています。


写真は静岡から参加したエンタメバンド「ラディアルレイズ」





「不易」と「流行」という松尾芭蕉が見出した理念があります。

不易とは時を超えて不変の真理、流行とは時代や環境の変化で変わる法則のこと。

どんなことであっても長く続けるというのは簡単なことではなく、長く続けるためには流行を追いかけながらも不易を見出し、生み出していくことが欠かせません。

いいとこ取りしたつもりでツギハギしても、その中に根幹となるものが無ければやがて廃れます。



横手の夏のイベントはどれも必要に迫られてやっているわけではなく企画・運営する側も参加する側も「楽しむ」ということが根幹にあります。

「笑顔で生き生きとした時間を過ごす」ことが世代を超えて継承されていくものと思います。




私が現在学んでいる活法はルーツが戦国時代ですから、横手の送り盆よりも100年長い歴史を持ち、今に伝えられています。

一方、活法から生まれた鍼灸技術、整動鍼は世に出てまだ3年、赤門祭とYOKOTE音FESTIVALの中間くらいの年数です。

どちらにもその治療効果の高さと即効性、持続性から「術者も患者も笑顔になる」という価値を全国各地に生み出しています。


治療業界で「不易」となるか「流行」で終わるかは継承した1人1人の腕にかかっています。

横手の夏はもうじき終わり、暑さも落ち着いてきますが、活法・整動鍼の熱い時代はまだ始まったばかりです。