7/16,17に整動鍼応用セミナー連動思考編に参加しました。


活法から生まれ、即効性、持続性、再現性を特長とし、全国に多くの反響を呼んでいる整動鍼ですが、今年ついに待ちに待った応用セミナーが開催されました。

これまでに開催された基礎セミナー、脊柱編、四肢編、腹背編は整動鍼の特長を学ぶためのもので、人間の体にある連動の仕組み、それを調整するためのツボの特徴(精度が良くないと効果が出ない)、それによって得られる鍼の可能性を存分に学ぶことができます。


基礎の3編だけでも様々な症状に対応できます。

腰痛、肩こり、五十肩、膝痛、頭痛、坐骨神経痛など鍼灸院で扱うことの多い症状はもちろんのこと、過敏性腸症候群、突発性難聴など病院でも治療が難しいとされるような症状にも大きな効果を発揮し、各分野の専門治療院をつくる人も出るほどです。



しかし全ての症状に100%の対応ができるわけではありません。

基礎編のみでは難しい症状もあれば、時間がかかり過ぎてしまうもの、全く歯が立たない症状と出会うこともあります。

そうした場合、活法や整動鍼以外の技術との併用で対処するしか手がありませんでした。



しかしそれは整動鍼の地位の低下を意味しません。



なぜなら基礎編はあくまでも基礎であり、まだ公開されていない未知の整動鍼の姿があるからです。

その真の姿の正体が今回の応用セミナーです。



言うなれば基礎編は矢のようなもの、それ自体を使っても攻撃力はありますが、まだその可能性を存分に引き出せてはいません。

今回の応用編は矢を生かすための弓です。

弓である応用編の技術によって、矢である基礎編の技術は射撃範囲を広げ、その威力を存分に発揮することができます。

実際応用編を使うことで、腰痛や肩こりを初めとしたほとんどの症状に対しての治療がパワーアップするのみならず、線維筋痛症、足底筋膜炎、鵞足炎など、通常の治療では中々結果の出ない症状にも対応できるようになります。

射程範囲の広さには驚きです。


また応用編の大きな特徴として、連動を紐解くことで人間の体の動きがどのようにデザインされているのかを知ることができます。

今回のセミナー内容の一部である細分化された肩首の連動を知ると、人間の体の動きの精巧さ、肩こりというものの奥の深さを感じ、それに付随する耳鳴や難聴、顔面神経麻痺などの治療の難しさも再認識できます。

しかしその奥深さを知るということは人体を深く理解し、症状にも細かく対応できるようになるということであり、治療の可能性の広さをも表しています。

応用編セミナーは鍼灸師個人個人の治療技術の可能性だけでなく、鍼灸治療そのものの可能性を広げてくれるような気がします。



セミナー後の修了式で整動鍼創始者の栗原先生がこんなことを述べました。

「今回のセミナーは『脊柱編・完全版』という感じの内容です」

今後開催予定の応用セミナーは四肢編、腹背編の上位に位置するセミナーであるとのこと。

整動鍼とは「体にある連動という仕組みを学ぶことで、人体の動きの本質を理解するための知識と技術の体系」であると思います。


応用セミナーを3編身につけた先に、一体どんな世界が広がっているのか、今から楽しみです。