活法には「置き直し」という所作があります。

施術前に患者さんの腕や足の位置を変えたり、乱れた服の裾を整えたりするというちょっとしたことなのですが、これだけで患者さんの関節の可動域が増したり、筋力が強くなったりします。

もちろん治療ではないので劇的な変化ではなく微量な変化ではありますが、施術を始める前にすでに体は良くなり始めているので、ただ施術するよりも有利です。

体が整うと自然に心も安心してきます。
置き直しの一手を加えることで術者も患者さんも安心して施術に臨めるというわけです。




この置き直しは治療だけのものかというとそうではありません。

実際に試してみましょう。


①まず上体を前屈して床にどのくらい手がつくか、腕を前からまっすぐ上げてどこまで動かせるかを調べておきます。

②次に部屋の中にあるものを置き直します。
テーブルやティッシュの箱、時計、置きっ放しのペンや雑誌など何でもいいです。
綺麗に整頓するように置き直してください。

③再び①で確認した動きを調べます。



どうでしょうか?おそらく置き直した後の方が動きが楽になり、床に手がより近づくとか、肩がより動くとかの変化が出ていると思います。
(変化はあまり大きくないので人によってはあまり変化を感じないかもしれません)

変化を感じにくい場合はもっと沢山のものを置き直してみると分かるかもしれません。



この置き直しは我々が日常生活の中で当たり前のように行っています。

朝仕事を始める前にデスク周りを片付ける、掃除する、靴を脱いだら揃える、出入りした戸を最後まで閉める、など、全て置き直しの要素が入っています。

置き直しによって活動しやすい環境を作るわけです。





個人的な感覚としては「その時の自分にとっていい位置に自分の体が自然に対象を置き直している」ように感じます。

だから置き直しは「自分で行うこと」で自分が活動しやすい空間を作れます。

自分のいないときに自分の部屋を他の誰かに片付けたり掃除されると、きちんと片付いているのに、ちょっと動かして調整したくなることってあると思います。

そうやって自分の手で置き直すことで自分の空間になるんですね。





わずかな変化なので重要視しない、という人もいると思います。

他人に強要することでもありません。

でも小さな変化の積み重ねの実践はいざという時の自信や落ち着きを生んでくれます。

それに、ちょっとした変化でも体が動きやすい状態にあるというのは気分がいいものです。


ぜひ日常生活で「置き直し」を楽しんでみてください。