前回はこちら

北海道で初開催の整動鍼セミナーは大成功のうちに終わりました。

今回の成功の裏には毎回セミナーの準備をしている講師陣の努力ももちろんあるのですが、現地ホストである快気堂鍼灸院白石の谷地一博先生の尽力が大きかったと思います。

会場の手配に始まり、参加者への会場案内、当日の準備、片付けなど色々大変であったろうと思うのですが、それに加えて谷地先生宅に泊めて頂いた私と講師の先生方は色々と接待して頂きました。

今回はその一端をご紹介したいと思います。



◯食事で接待

北海道と言えば食の宝庫です。農業、畜産、漁業も盛んで、名産品も盛り沢山。

元々栗原先生に北海道の味覚を堪能してもらいたいという思いが谷地家にあったらしく、私もその恩恵に預かることができました。


前入りした日の夜の新千歳空港の回転寿司に始まり、


セミナー2日目の夜は同じく空港で札幌ラーメン。




朝食は谷地先生の奥さんのマナコさん手作りのちゃんちゃん焼きや石狩鍋、八紘学園の生クリームのような味わいの牛乳やとれたて卵の卵かけご飯、道内産のサツマイモのような甘さのジャガイモ「インカのめざめ」にバターとイカの塩辛を乗せて頂く、家庭菜園の採れたてアスパラやホッケ、タラコなどの海の幸・・・とても朝食とは思えないような豪華なラインナップが2日間に渡って繰り広げられられました。

写真を撮っていなかったことが悔やまれます。


整動鍼セミナーでは実技時間の確保の為に昼休みが40分程度と短いことが多く、飲食店でゆっくり食べることができないことがほとんどですが、今回に関しては栗原先生をはじめ講師の秋澤先生や坂口先生も朝食の満足度の高さゆえ、昼は少食になっていたため、時間が短くても何の問題もありませんでした。

このブログを書いていても味を思い出しよだれが出てきそうです。
そのくらいの美味しい食べものの連続でした。



◯息子さんの接待

谷地先生には4歳になる息子さんがいます。度々ブログにも登場していて活法研究会の中ではちょっとした有名人です。
私は昨年の活法合宿でその息子さんに会っているのですが、温泉でちょっと怖がらせてしまっていたので、今回はどうなるかちょっと心配でした。




しかしその心配は杞憂でした。




谷地先生が息子さんに「栗原先生が来るんだよ〜」と言うのと一緒に「小松田さんも来るんだよ〜」と夜な夜な言い続けていたおかげなのか、私が谷地家を訪問するのをものすごく楽しみにしてくれていたようなのです。


前入りした日、谷地家にたどり着いて一休みしていると谷地先生の奥さんのマナコさんと息子さんがやってきます。

マナコさん曰く「息子が小松田さんとUNOをやりたいと言ってるんです」


「え?あ、はい、いいですよ」

息子さんとマナコさんと私の3人でUNOを始めます。(この時谷地先生は患者さんの治療中)

初戦はわざと負けてあげ、2戦目は大人の強さを見せてあげようと思っていたのですが、そういう下心があると物事は上手くいかないもの。5戦ほどしてまさかの全敗・・・。



勝ちに気を良くしたのか息子さんは次のゲームを持ってきます。


なんと「修造かるた」!


「修造かるた」はあの熱い男、松岡修造さんの名言をかるたにしたもので、修造さんの全力のポーズとともに様々な名言が綴られています。
では一緒にかるたを、と思っていたら、息子さんは札を読むのにハマっているとのこと。
しかも字を全部読めるわけではないので読み札の頭文字を一声叫び、あとは修造ポーズの真似をして、その情報を元に私とマナコさんがかるたをするという何ともシュールなかるた遊びが始まりました。


これってかるた遊びとして成立するのか?と思っていたら、息子さんの修造ポーズ真似が意外と高クオリティだったため、案外普通にかるたができてしまいました。気づいたら全ての札を取り終えていました。

何とも普通とは違う方向性への成長が楽しみです。



◯セミナー翌日

栗原先生をはじめ講師陣はセミナー終了の日に飛行機で東京方面に帰りました。
私は帰る飛行機が無いのでもう一泊。

翌日の午前は時間が空いていたので観光でもしようかとぼんやり考えていたのですが、ある言葉をきっかけに予定は変わりました。


谷地息子の「UNOやろう」宣言です。
今回は一切手加減なしです。40歳が4歳をカードゲームで全力で倒しに行く姿はかなり大人気ないとは思いましたが、私が放った「男の勝負だ!」という言葉が息子さんの男心をくすぐったらしく何度負けても立ち向かってきます。

そんなこんなでUNO、トランプでの神経衰弱、「キリンとぞう」という駒遊びなどで次々と勝負を続け、気づいたらあっという間にお昼に・・・。




◯いざ発祥の地へ

ここで谷地先生からお昼の提案が。

「せっかくだから皆でスープカレー発祥のお店に食べに行きましょう」

前日には時間がなくて栗原先生達が食べられなかった本場のスープカレーと対面できることになりました。

件のお店の名前は「マジックスパイス」


お店の名前にインパクトがありますが、店内の様子にはもっとインパクトがあるお店でした。

インド風の装飾だらけの店内


壁に並ぶ文字は辛さの段階。



そのスープカレーはというと「辛いのに喉が乾かない」不思議なカレーです。


鶏モモ肉が丸ごと一本入っているし、辛さも旨味もしっかりしてそれほど飽きのこない味です。
それでいて辛いものを食べた後の水が欲しくなる感じがないのです。まさしくマジック!

ただスープカレーの発祥はここでも、その後色々とスープカレーも変化しているらしいので他のお店もいずれ行ってみないといけません。まだまだスープカレーも楽しめそうです。



この後、最寄りの白石駅まで送っていただき、谷地先生一家に別れを告げました。

谷地先生一家にはとても感謝しています。
谷地先生一家のこれでもかというほどの接待があったからこそ今回の北海道セミナーは普段のセミナー以上の楽しい思い出になりました。

他人と3泊4日で寝食を共にするなどということは、それこそ修学旅行や部活動の合宿くらいしかチャンスがありません。

別れの歳に息子さんに手を振った時には何だか親戚のおじさんのような気持ちになっていました。






今回北海道のセミナーに参加したことで、また北海道に行く理由が増えたと思います。
今年の整動鍼札幌セミナーはあと2回、7月と9月にあります。

私は参加はしませんがこの調子だと来年も開催されそうな気がします。








おまけ

ちなみに翌週、後輩の結婚式のために再び札幌を訪れたのですが、その時にも時間を作って空港まで来てくれて一緒にお昼ご飯を食べました。もう本当の親戚より会ってます(笑)



さらにその翌週も東京のセミナーで谷地先生と一緒だったのですが、その話はまた次の機会に。


整動鍼北海道セミナーレポート 〜完〜