前回はこちら

地方空港のハンディキャップのため1泊2日のセミナー(しかも復習)に3泊4日の旅程で参加することになりました。

そのせいか出発前から修学旅行気分です。


前日までは何事もなく過ぎ、当日を迎えます。



が、しかし思いもよらぬアクシデントが待ち受けていました・・・。



◯第1のアクシデント:乗り換えミス

無事北海道に着いたことだし札幌ラーメンを先にしようか、谷地先生のお宅訪問を先にしようか、時間の効率的な利用のため、トイレにこもって用を足しながらスマホとにらめっこして作戦会議を行います。

新千歳空港から谷地先生の治療院への最寄駅、白石駅には直通の電車がないため必ずどこかで乗り換えが必要です。
候補は札幌駅か北広島駅の2択。


札幌駅での乗り換えだと一旦白石駅を通り越してから戻る感じになります。この場合駅で札幌ラーメンを食べてから向かうのが得策です。




北広島での乗り換えだとロスなく白石駅に向かえ、電車賃も数百円お得です。さらに谷地先生にオススメのラーメンを聞いてから食べに行くことが可能です。(事前に調べておけという意見はとりあえず無視します)








決断の時が迫る・・・!!!








北広島駅での乗り換えを選びました。

検索情報をよく見ると「3・4番線発/2・3番線着」とあります。
これが運命の分かれ目となりました。




3番線に到着し、目の前にあった4番線の列車に疑いもなく乗り込みます。

流れる車内アナウンス「この列車は小樽方面・・・」

このアナウンスにハッとします!

「え?札幌じゃない?間違えた?」

そう思った瞬間、電車を降りていました。

無言で電車を見送り再検索・・・

・・・スマホの画面を呆然と見つめながら肩にかけていた荷物を力なく地面に降ろしました。



冷静になった今なら分かります。間違えていませんでした。

見知らぬ土地で目的地と違う地名を聞いた瞬間に間違えたと思ってしまう田舎者特有のあの感覚!
誰か言葉にして辞書に載せてください。





◯第2のアクシデント:ラーメン

時計を見るともう1時近く。
最短で谷地先生の治療院に向かえる電車を勘違いから無為に見送ってしまったため、お腹が空いていた私は順路を変えることにしました。
まずは札幌駅でラーメンです。

札幌駅の駅ビル「エスタ」の中にある「札幌ラーメン共和国」に向かいます。
エリア内を一回り。どこのラーメンが美味しいのかは分かりませんが、どこも一様に大きめのチャーシューを乗せた味噌ラーメンがイチオシのようです。
あまりにもお腹が空いていたため「どこでもそんなに変わらないだろう」と軽く考え、すぐに座れそうな「梅光軒」というお店に入ります。

「炙りばらトロチャーシュー麺」と餃子を注文し、荷物を降ろし出された水を一口。
乗り換えミスをしてから重く感じていた体に水分が染み渡ります。

ホッと一息。


何気なく調理場の暖簾に目を向けます。


「旭川ラーメン 梅光軒」


ん?


「旭川ラーメン梅光軒」


ん?目をこすりもう一度・・・




「旭川ラーメン梅光軒」


あーーー!札幌ラーメンじゃなーーーい!!!



もう何も言えません。

札幌ラーメンを食べにきたはずなのに数ある店をかいくぐり旭川ラーメンをチョイスしてしまうとは!
もう完全にどうかしています。


味は・・・とても美味しかったです!




◯第3のアクシデント:目印が消失

お腹を満たして谷地先生の治療院に向かいます。

白石駅から谷地先生の治療院快気堂鍼灸院白石までの道のりはホームページの案内を頼りに向かいます。


シェル石油のスタンドで曲がればそのまま一本道。迷うこともないはずです。



案内に従って出発!




目印のシェル石油のスタンド目指して歩くこと数分、目の前にサンドラッグの看板が見えてきます・・・。




え?あれ?この簡単な道を間違えた???



すでに2つミスを犯し、もう自分を信用できない精神状態です。
スマホの地図アプリも開き、情報を総動員して正解のルートを探します。



ん・・・そういえば、さっき敷地内に覆いをして中を工事しているところがあったような・・・




やはりそうでした。
目印であったはずのシェル石油のスタンドは閉鎖され別の何かに変わるための工事中。
それと気づかずボーッとシェルの看板だけを探していた私はそのまま通り過ぎ、行きすぎましたよ、の目印であるサンドラッグまでたどり着いたのでした。


もう判断力とか無くなってますね・・・。



ともかく、何とか快気堂鍼灸院白石にたどり着きました。

今回の教訓「知らない土地の下調べはしておこう。」