少し前になりますが、4/16,17に整動鍼セミナー取穴復習編に参加してきました。



◯ツボとひたすら向き合う2日間

今回のセミナーは整動鍼基礎セミナー、脊柱編、四肢編、腹背編の3編に登場したツボの取り方をひたすら復習するセミナーです。
すごく地味なイメージですが、このツボ取りというのは非常に奥が深く、面白みがあります。鍼灸治療ではかなり重要度の高い作業です。

鍼灸治療には大きく分けて3段階の過程があります。


①患者の体の状態を把握し、理論に基づいて治療の流れと使うツボを決める

②ツボの位置を正確に捉える

③鍼や灸を使い、治療する


①は様々な勉強会が重要視している部分です。各勉強会のアイデンティティが如実に現れます。五行論だとか陰陽論だとか、なんちゃら治療とかなんちゃら法などと命名されているものもほとんどがこの部分を伝えています。


②は今回のセミナーの内容であり、個人的には最も時間をかけて修練する必要があると思います。
というのもこのツボ取りこそが鍼灸の鍼灸たる所以であるからです。

③は「技術」と呼ばれる部分です。鍼を刺す、響かせる、抜く、灸をすえる、熱を感じる度合いをコントロールするなどの要素がここに当たります。



◯治療理論と技術

どんな考え方に基づいて、どのように患者の体を見、判断し、治療の流れを組み立てるのか?
非常に大切な部分であり、世の中のセミナーの9割以上はこの部分に関する内容ではないかと思います。
またネット検索して最もヒットするのがこの部分です。情報がネット上にあふれているので素人でもベテラン鍼灸師のごとくに語れる部分でもあります。
確かにここが大切なのは間違いありません。しかし、この部分だけ学んでも治療はできません。理論はあくまでも理論であり、治療の方向性を決めているに過ぎないからです。
この理論の部分は一般的には東洋医学と呼ばれる分野で、鍼灸に限らず、マッサージや湯液でも用いられます。
(湯液とはいわゆる漢方薬を使う治療ですが、現在広く使われている西洋医学的な漢方薬の使い方とは違います。東洋医学に基づくことで漢方薬は現在ある以上のポテンシャルを発揮できるはずです)

②は後ほど詳しく。

③は専門学校で主に学ぶ部分です。理論やツボの取り方が違っても、鍼の刺し方、つまり道具の扱い方、コントロールの仕方には基本的な形があります。経験を積むにつれ個人差は出てくるものの、統一したものが伝えやすい部分ではあります。

さて次はいよいよツボ取りについて。



◯ツボ取りという大事

経絡に基づく鍼灸治療において、大抵はツボの位置が寸法によって決められるものの、鍼を刺す上での厳密な位置は個人の感覚に委ねられています。
つまりは治療する人によってツボの位置が違うのです。
ある鍼灸流派の指導的立場にある10人くらいの先生方が終えるために統一した基準を作ろうとしてまずは全員で孔最というツボをとったら全員が違う場所になったというエピソードもあります。
ではそれが間違いかというと各先生方は全員が全員その治療法で成果を出しています。

ツボの位置が個人で違っても治療として結果が出れば間違いではありません。ですが技術を伝えるためには余りにも不確定要素が多過ぎます。
裁量が大きいとも言えますが、この部分の曖昧さが初学者が治療の成果を出しにくい原因であるとも言えます。


整動鍼の理論は活法が元にあります。活法に基づいて体を観察し、ツボの本来持っている力、つまりは体に及ぼす変化を正確に捉えることから理論が構築されています。
そういう意味では整動鍼においてはツボ取りから理論が構築されているとも言えます。

そのツボの正体は非常に明確で、体の変化にも再現性があります。例えば孔最というツボはこの位置にあるこの感触の反応である、というのが決まっていてそこに鍼をすると誰であっても同じ体の変化が起こるのです。

そんなものは当たり前と思うかもしれませんが前述したように1つのツボの取り方が人によって違うのが鍼の世界では当たり前になっています。
明確な方向性がないため、感性と経験という曖昧な言葉に従いながら、ある時は効果があり、ある時は効果がなく、という経験を繰り返しながら徐々に実力をつけていくのが当たり前でした。

整動鍼はこの曖昧さを実にスッキリと解決しています。そのため、初学者であってもベテラン鍼灸師と同じくらいの成果を出すことが可能です。その効果の高さゆえにセミナーは募集と共に数分で満席。別日に開催を増やしてもあっという間に満席になるという状態が続いています。



◯ツボ取りのレベルアップに必要なこと

武道武術で例えるなら道具の扱い方は武器の扱い方です。ツボ取りは相手の隙を見つける部分であり、武器の力を十分に発揮するためにはこの部分がとても大事です。
同じ道具を使っても体の使い方のレベルによって扱い方のレベルも違えば隙にうまく合わせて攻撃できるかのレベルも違ってきます。


整動鍼は理論を伝えます。扱う武器は鍼。ツボ取りはそれらを生かす上で重要ではあるものの、ツボ取りをするための体を養うのは簡単な事ではありません。
ツボを取り、鍼を刺すための体を作るのは体術である活法です。
ツボ取りをしていると活法の重要性が身に沁みます。

他の方を見ていても、整動鍼だけを学んでいる方より、活法と整動の両方を学んでいる人の方が動きや感覚に繊細さがあり、治療全体の視野も広いように思います。

人体という広大な世界にある一点のツボを選ぶ。宝探しのようなもので、ヒントも何もなく探すには途方もない困難さです。
それをガイドするのが整動鍼の理論であり、探し当てるセンサーが自分の体であり指先、センサーのスペックを高めるのが活法であるとも言えます。

整動鍼の話のつもりだったのに活法の話みたいになってしまいました。でもいいんです。表現の仕方が違うだけでどちらも同じものですから。

本物は万事に通ずるものです。