藤沢会の翌日、せっかくなので観光をしてきました。

藤沢会のメンバーから色々オススメを聞いた結果、江ノ島と鎌倉を回ることにしました。


藤沢の駅から江ノ電で江ノ島に向かいます。

江ノ島駅に到着。


駅から案内板に従って進むと徒歩10分くらいで江ノ島に着きます。


橋の向こうに江ノ島が。


橋を渡った先に整動の、いや青銅の鳥居が。

鳥居をくぐり、小路を進むと、



江島神社の鳥居があります。


このペースで続けていると長くなるので、ここからはダイジェストで。


辺津宮。



その横に日本三大弁財天の1つ、八臂弁財天像を納めた堂があります。中は撮影禁止。



八坂神社。須佐之男命が祀られています。



中津宮。



こんな説明書きが・・・。




サムエル・コッキング苑。完全に来るタイミングを誤った感があります。
花の咲く季節の昼に来るか、またはこの時期イルミネーションが点灯するようなので、夜に来るべきです。



サムエル・コッキング苑の中にある展望台シーキャンドル。


展望台からは富士山も見えます。



恋人の丘「龍恋の鐘」。周辺にかけられた無数の南京錠に若干恐怖すら感じます。他に人がいたため、アラフォーオヤジが1人で恋人の鐘を鳴らすという暴挙は達成できず・・・。



稚児ケ淵。不思議な感じの岩場。太公望が沢山いました。



江ノ島岩屋。空海や役行者が中で修行したとかしないとか・・・。



中には石の彫刻。神秘的な空間です。



第一岩屋と第二岩屋を結ぶ通路から見える岩肌。修行者が好みそうな雰囲気。







杉山検校のお墓。杉山検校は現在でも使われている鍼管を開発した方。



福石は先述の杉山検校がこれにつまづいた際に松葉が入った竹の管が体に当たり、そこから鍼管を思いついたとか。
分かりづらいですが左側の石です。



これです、これ。これが福石。








続いて、いざ鎌倉!


鎌倉駅東口。もうすでに普通の駅ではありません。


東口の左手に進むと、


小町通りという商店街。飲食店やお土産屋などがズラリと並びます。ここを抜けた通りを右に進むと、



こんな鳥居が見えてきます。
ここが鶴岡八幡宮。



源頼義や源頼朝などが源氏の氏神として大切にしていた場所です。



石段を登ると、その先に本殿が見えてきます。


途中には鳩もいます。
鶴岡八幡宮の「八」の字は鳩の姿をしており、それをモチーフにしたのが鳩サブレーだそうですね。


その後高徳院へ向かい鎌倉の大仏のご尊顔を拝見します。


高徳院は鎌倉駅の西口から徒歩20〜30分位の場所にあります。鶴岡八幡宮とは逆方向。
鎌倉は他にもお寺が沢山あるので、ちゃんと時間をとって回る方がよさそうでした。何でもお寺めぐりのコースがあるんだとか。

時間と体力がギリギリだったので観光はここで終了。


日本国内にはまだ行ったことの無い場所、見たこともない史跡や建造物、感じたことのない自然や文化が沢山あります。折にふれて各地に旅行するのも楽しいものです。
また時間を作ってどこか行きたいなぁ。