爪で感じる「技」

鍼灸師は患者さんの体に触れる仕事です。

鍼灸師に限らず、およそ治療だとか施術と呼ばれるものを生業としている人は他人の体に触れる、ということを避けては通れません。

鍼灸師の手は患者さんの体の状態を読み取る感知器であり、鍼灸師自身のことを患者さんに伝える伝達器であるとも言えます。


その中でも指は特に細かいレベルの機能が求められます。
そのため指の状態に気を使う鍼灸師は多いと思います。

突き指しないように球技はやらない、刃物で傷つけないように料理はしないなんて人もいますし、中には普段は手袋をしていて余計な情報を読み取らないようにしている人もいます。

手袋の件に関してはApple社のジョブズやフェイスブック社のザッカーバーグが決断疲れをしないように日常の決断の回数を減らすためにいつも同じ服を着ていた、というエピソードに通ずるものを感じます(今回はそういう話ではないのでこれ以上は深めません)。

日常生活レベルから指の感覚のケアを意識する人もいる一方、さほど意識せず生活している鍼灸師もいます(むしろこっちの方が多い)。

意識しないことは悪いことというわけでもなく、指で様々な情報に触れるため、自然と感覚的な部分のトレーニングになるという側面もあります。

どちらのタイプの人でも最低限このくらいのことは意識している、というラインがあります。

それは・・・


「爪の長さ」です。



昨今は女性はネイルをする人が多くなりましたが、ネイル以前に爪そのものが美容面でのケアの対象になっていると感じます。
爪のツヤや形も大事ですが、その長さも大事なポイントかと思います。
男性の場合はネイルする人はほとんど見かけませんが、身だしなみとして切りそろえておくことが当然となっています。

鍼灸師はというとツボをとる際にどうしても指は使いますし、ツボにも体の表面に近いツボ、深いところにあるツボなど色々あるので、ただ触れるだけの時もあれば、指を深く沈めることもあります。

そんな時に爪が伸びていたら患者さんとしては爪の固い感触を感じたり、爪が食い込んで痛いことも多くあります。
そのため、鍼灸師は患者さんに不快な思いを与えないように、日頃から爪のチェックを怠らず、常にやや深爪気味の人が多いのです。

そうなってくると爪を切る道具にもこだわりが出てきます。

私がここ数年足を運んでいる活法研究会会員の多くが買い求めて愛用している爪切りがあります。




それがSUWADAの爪切りです。


「爪切りなんてどれも同じでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、ところがどっこい使ってみると大違いです。



爪切りも刃物の一種。

刀に名刀となまくらがあるように爪切りにも切れ味の違いは確実にあります。


SUWADAの爪切りはニッパータイプ。

普通のニッパー持ちでも使えますが、持ち方を変えると普通の爪切りのように使えます。


切れ味は音に現れます。

普通の爪切りでは「パチン」という音がします。

SUWADAの爪切りは「カツッ」という感じの小さな音がします。

参考に以前「鍼灸師のツボ日記」でアップされた動画をどうぞ。

こちらから。

動画はリンク先の中央あたりにあります。


切るときに指に伝わる感触はもっと明確に違います。

普通の爪切りだと表裏から爪の表面を挟んで力を加え、そこからいきなり爪を切断して刃同士がぶつかり合うような感触が伝わってきます。

SUWADAの爪切りは最初に爪にスーッと刺さっていくような感触があり、最後の固い芯を瞬間的に裁断している感触があります。

鉈(なた)と包丁の違いと言えばいいか、ハサミのカミソリの違いと言えばいいか、とにかくSUWADAの爪切りには鋭利な刃物が爪に入り込むような感触があり、爪の固さによる抵抗が少ないのです。

まさしく名刀という感じの逸品です。



某漫画で「戻し切り」という、切断面がピッタリ合って元に戻せる切り方のできる業物が登場していましたが、SUWADAの爪切りを使ったとき何となくその「戻し切り」を連想しました。



爪を切った後、ヤスリがいらないくらい滑らかなので戻し切りできそうな気がしたのです(実際はできません)。



また、その刃の鋭利さと造りの精密さはその姿にも見てとることができます。

刃を合わせたときその隙間がほとんど見えません。まるで連続した曲面のようです。




爪切りとしてはかなり高価な部類ですが、日々指先に気を使う鍼灸師としては、持っておいて損はないと思います。



爪切りの機能もさることながら、人の手による精巧な技術に日常的に触れることは、精密なツボ取りを求められる鍼灸師にとってはそれだけで価値あることです。

整動鍼が真の姿を現す〜整動鍼応用セミナー連動思考編レポート〜

7/16,17に整動鍼応用セミナー連動思考編に参加しました。


活法から生まれ、即効性、持続性、再現性を特長とし、全国に多くの反響を呼んでいる整動鍼ですが、今年ついに待ちに待った応用セミナーが開催されました。

これまでに開催された基礎セミナー、脊柱編、四肢編、腹背編は整動鍼の特長を学ぶためのもので、人間の体にある連動の仕組み、それを調整するためのツボの特徴(精度が良くないと効果が出ない)、それによって得られる鍼の可能性を存分に学ぶことができます。


基礎の3編だけでも様々な症状に対応できます。

腰痛、肩こり、五十肩、膝痛、頭痛、坐骨神経痛など鍼灸院で扱うことの多い症状はもちろんのこと、過敏性腸症候群、突発性難聴など病院でも治療が難しいとされるような症状にも大きな効果を発揮し、各分野の専門治療院をつくる人も出るほどです。



しかし全ての症状に100%の対応ができるわけではありません。

基礎編のみでは難しい症状もあれば、時間がかかり過ぎてしまうもの、全く歯が立たない症状と出会うこともあります。

そうした場合、活法や整動鍼以外の技術との併用で対処するしか手がありませんでした。



しかしそれは整動鍼の地位の低下を意味しません。



なぜなら基礎編はあくまでも基礎であり、まだ公開されていない未知の整動鍼の姿があるからです。

その真の姿の正体が今回の応用セミナーです。



言うなれば基礎編は矢のようなもの、それ自体を使っても攻撃力はありますが、まだその可能性を存分に引き出せてはいません。

今回の応用編は矢を生かすための弓です。

弓である応用編の技術によって、矢である基礎編の技術は射撃範囲を広げ、その威力を存分に発揮することができます。

実際応用編を使うことで、腰痛や肩こりを初めとしたほとんどの症状に対しての治療がパワーアップするのみならず、線維筋痛症、足底筋膜炎、鵞足炎など、通常の治療では中々結果の出ない症状にも対応できるようになります。

射程範囲の広さには驚きです。


また応用編の大きな特徴として、連動を紐解くことで人間の体の動きがどのようにデザインされているのかを知ることができます。

今回のセミナー内容の一部である細分化された肩首の連動を知ると、人間の体の動きの精巧さ、肩こりというものの奥の深さを感じ、それに付随する耳鳴や難聴、顔面神経麻痺などの治療の難しさも再認識できます。

しかしその奥深さを知るということは人体を深く理解し、症状にも細かく対応できるようになるということであり、治療の可能性の広さをも表しています。

応用編セミナーは鍼灸師個人個人の治療技術の可能性だけでなく、鍼灸治療そのものの可能性を広げてくれるような気がします。



セミナー後の修了式で整動鍼創始者の栗原先生がこんなことを述べました。

「今回のセミナーは『脊柱編・完全版』という感じの内容です」

今後開催予定の応用セミナーは四肢編、腹背編の上位に位置するセミナーであるとのこと。

整動鍼とは「体にある連動という仕組みを学ぶことで、人体の動きの本質を理解するための知識と技術の体系」であると思います。


応用セミナーを3編身につけた先に、一体どんな世界が広がっているのか、今から楽しみです。

活法体を目指して〜活法応用セミナー体幹編レポート〜

7/9,10に活法応用セミナー体幹編に参加してきました。


腰痛編、腰背編の上位セミナーというだけあって、脊柱管狭窄症、すべり症、様々なパターンの腰痛への対応など、今までの内容では手が届かなかった部分をしっかりフォローしている内容。
これで腰痛への対応の幅は格段に広がります。


使った例としては、仰向けで梨状筋の導引をすると痛みが出る人に座った状態の技を使ったり、腰をそらすのが辛い人に胸椎の牽引を使ったり、腕を使っていて起こったぎっくり腰に三頭筋打ちを使ったり、施術を終えてもベッドから立ち上がるのが不安な人への誘導法など。

メインとして使うよりも今までの技にサブとして使うと思った以上の効果が現れる感じがします。





活法セミナーは入門→基礎→応用と段階が上がっていきますが、難易度順ではありません。

入門 → 臨床において使用頻度が高いもの
基礎 → 入門に加えて症状や部分に特化したもの
応用 → 入門、基礎に入りきらなかった技、使用頻度は高くないが、覚えておくといざという時に役に立つ技


という構成になっているので、入門セミナーを修了した時点でいきなり臨床で達人になったような気分に浸れます。

そして徐々に「この場合はどうするんだろう?」という疑問が生まれますが、その答えが基礎編にあります。

さらに「たまにあるこの症状、どうしたらいいんだ!」という時が到来するわけですが、ここで「やってて良かった応用編」となるわけです。


上手くできたカリキュラムだなぁと思います。




人間の体は複雑です。

1つの技でどんな症状でも解決できるわけではありません。

数多くの技を知り、使えるというのは対応力の広さになります。

仮に使う場面が無かったとしても、「知り、使える」状態にあるというのは重要です。

死ぬまでに一度しか使う機会がなかったとしても、その一手で症状が改善した患者さんにしてみれば救いの一手です。

そういった一手をおろそかにするべきではないと思ってセミナーに通っています。





2015年の7月から活法を習い始めて丸2年、やっとコンプリートできました。

本当の技術というものは時間をかけないと身につきません。

セミナーコンプリートは形を知り、技術を身につける段階に来たという証でしかないと思っています。

以前のブログでも書きましたが、技術とは「それを体現できる体そのもの」です。

肉体は脳の命令で動くとされています。

その命令プログラムが技であり、見た目では分からない流派独特のプログラムがあります。

活法は学びさえすれば誰でも形の真似はできますが、「活法を体現できる体」が必要です。

自然体ならぬ「活法体」を目指して修行の日々は続きます。
ギャラリー
  • 私が活法セミナーに通い詰める2つの理由〜活法基礎セミナー下肢編レポート〜
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 歴史を紡ぐ夏
  • 宮部みゆき著「荒神」を読んでこんなものを思い出した
  • 秘境に挑む鍼
  • 秘境に挑む鍼
  • 爪で感じる「技」
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ